第17回全国障害者スポーツ大会「愛顔つなぐえひめ大会」神奈川選手団の激励会・結団式

掲載日:2018年3月30日

第17回全国障害者スポーツ大会「愛顔つなぐえひめ大会」神奈川選手団の激励会・結団式

平成29年10月28日(土曜日)から10月30日(月曜日)まで開催される、第17回全国障害者スポーツ大会「愛顔つなぐえひめ大会」神奈川県選手団の派遣にあたり、「神奈川県選手団激励会・結団式」が開催されました。例年、選手・役員全員で結団式を行っていますが、今回バスケットボールの選手団が、飛行機の出発時間の関係で先に開催地へ入ることになったため、別途、激励会が実施されました。

まず、神奈川県庁新庁舎で実施された女子バスケットボール選手団の激励会の様子です。

黒岩祐治神奈川県知事から激励のことばが贈られました。
「みなさんは、関東ブロック大会を勝ち抜いた強いチームです。日頃の練習の成果を存分に発揮してきてください。勝つ喜びを体感してきてほしいと思います。是非がんばってください!」

山内淳監督のあいさつです。
「夏に平塚で行われた全国大会では、横浜市と神奈川県が別々にチームを組んで戦いましたが、今回は横浜市も神奈川県もひとつのチームで出場できることに感謝します。」

吉田美沙主将のあいさつです。
「今回はこのような機会をいただき、ありがとうございます。神奈川県を代表して、精一杯頑張ってきたいと思います。

初戦の愛知県との試合が鍵になるとのことです。愛知戦にそなえ、10月15日(日曜日)に県立体育センターで県立鎌倉高校バスケットボール部を相手に、様々な戦略を試していました。すべての人がスポーツを通して交流している姿を間近に見て、そのすばらしさを多くの方にお伝えしたいと思っています。

続いて、神奈川県社会福祉会館で開催された結団式の様子です。

黒岩知事から、戸井田団長へ、そして旗手を務める柿本空斗選手(陸上競技)に団旗が授与されました。

黒岩知事から激励のことばが贈られました。
「スポーツをする・みる・支えるという言葉がありますが、みなさんはスポーツをするという最大のチャンスをつかみ、精一杯頑張ってきていただきたいと思います。愛顔(えがお)で戻って来られることを期待しています。」

結団式では、手話通訳の方がいらっしゃいましたが、黒岩知事も見事な手話であいさつをされていました。

戸井田愛子神奈川県選手団団長のあいさつです。
「今回はこのような機会をいただき、ありがとうございます。スポーツを通して、全国で交流を深めてきたいと思います。それでは、行ってきます!」

選手を代表して、佐々木啓介選手(陸上競技)と平野りほ選手(陸上競技)による選手宣誓です。
「全国で交流を深め、様々な成果を持ち帰りたいと思います。」

最後に全員で記念撮影をしました。

神奈川県選手団のみなさん、頑張ってください!応援しています!