ボクシング井上尚弥選手 知事表敬訪問

掲載日:2018年3月30日

ボクシング井上尚弥選手 知事表敬訪問

神奈川県出身の世界チャンピオンが知事を表敬訪問

9月9日、アメリカカリフォルニア州カーソンで行われた世界ボクシング機構(WBO)スーパーフライ級タイトルマッチで見事6度目の防衛に成功した井上尚弥選手が、9月21日に神奈川県庁を訪れ、知事を表敬訪問しました。

 

県庁玄関先でお出迎え

弟の井上拓真選手(前OPBF東洋太平洋スーパーフライ級王者)、父親で専属トレーナーの井上真吾さんらとともに来庁しました。

黒岩裕治知事から祝福の言葉

「アメリカ初挑戦で素晴らしい成果をあげられて心からお祝いを申し上げます。

弟の拓真選手とともに、神奈川出身の世界チャンピオンの兄弟が誕生することを楽しみにしています。これからも応援します。頑張ってください。」

尚弥選手、拓真選手から記念品が贈られました。

県議会議長表敬訪問

佐藤光神奈川県議会議長(右)と小野寺慎一郎副議長(左)

直撃インタビュー

Q.「体育センターでの思い出はありますか?」

A.「思い出しかないですね。アマチュアの時、数多く試合をしましたし、家も近くそこを通るたびにアマチュア時代を思い出します。」

 

関連ページ

体育センタースポーツタイムズ第58号(平成25年10月配信)

大橋ボクシングジム会長の大橋秀行氏へのインタビュー取材の中で、当時日本フライ級王者だった井上選手が取り上げられています。

 

当時の記事

米国進出を果たし、他団体王者と対戦する統一戦も視野に入れているそうです。今後の活躍を大いに期待しています。