リッチー・マコウ記念イベントin横浜

掲載日:2018年3月30日

東日本大震災被災児童自立支援プロジェクト
リッチー・マコウ記念イベントin横浜

強豪国・ニュージーランド代表の主将として、ラグビーワールドカップ史上初となる連覇に貢献したリッチー・マコウ氏を横浜に迎え、各種イベントが開催されました。今日は、5月29日(月曜日)に開催された地元自治体とのトークセッションの様子をお伝えします。

このイベントは、東日本大震災被災自立支援プロジェクトに世界ラグビー史上最高の闘将と称されるリッチー・マコウ氏がその趣旨に賛同し、東北の被災した子どもたちに夢と希望を与えたいと来日したことで実現しました。

ラグビーワールドカップ2019で決勝戦を行う横浜国際総合競技場で行われました。

トークセッション参加者

リッチー・マコウ氏、アンドリュー・マコーミック氏、小野晃征氏、横浜市副市長 柏崎誠氏

リッチー・マコウ氏は、ニュージーランド代表チーム元主将として、W杯連覇に貢献(2011、2015)しました。2015年に現役を引退し、同年、ニュージーランドの最高勲章「ニュージーランド勲章」を史上最年少で受賞した、世界的名プレーヤーです。

元日本代表キャプテン アンドリュー・マコーミック氏(左)
サントリーサンゴリアスSO 小野晃征氏(右)

横浜市副市長 柏崎誠氏

トークセッションの中で・・・

神奈川県は、ラグビー競技をしっかり盛り上げられると思います。

スタジアムに来て、実際に生でラグビーを見て肌で触れてほしい。

2015年のW杯で日本代表が3勝した活躍を見て、「しっかり準備すれば何事も不可能ではない」ことが証明されたと思っています。

決勝戦の雰囲気は会場の観客、世界中のファンが作り出すものです。横浜国際総合競技場を埋め尽くす観客にとても期待しています。

などの話が上がりました。

2019年のラグビーワールドカップ開催に向け、県内各地でラグビーイベントが行われ、ますます盛り上がってきました。みなさんもイベントに参加してみる、試合を観戦する、実際にやってみるなど、ラグビーを楽しんでみてください!