神奈川ラグビーフェスティバル2017

掲載日:2018年3月30日

神奈川ラグビーフェスティバル 2017

平成29年5月5日(金曜日)、県立保土ケ谷公園ラグビー場において、神奈川ラグビーフェスティバルが行われ、午前中のタッチラグビーイベントに参加してきました。

このイベントは「気軽にラグビーを体験しよう!」というテーマで、小さなお子様から高齢の方まで、多くの方が参加していました。

あいさつ

丹治神奈川県ラグビーフットボール協会会長

「ラグビーを知っている人も、知らない人も存分に楽しんでください。」

加藤神奈川県立保土ケ谷公園園長

「ラグビーは、決して危険なスポーツではないということを体感してください。」

タッチラグビーのコーディネーターを務める湘南グラスボーイズ&Gの小林さんから、

簡単なルール説明をしていただきました。
初心者にもわかりやすい実況中継と会場を沸かすマイクパフォーマンスが見事でした。

タッチラグビーは、フィールドプレイヤー6人で競技を行いますが、途中交代は何度でも認められているので、体力に自信がない人でも楽しむことができます。攻撃チームは、ボールを持ったプレイヤーがランで相手をかわしたり、味方にパスをしたりしながら、ボールを前に進めてトライを狙います。

一方で防御チームは、ボールを持っているプレイヤーにタックルではなく体にタッチしたり、パスカットをすることで攻撃を防ぎます。タッチは両手でも片手でも認められるので、安全に楽しむことができます。

攻撃側は、タッチされたらその選手が、その場でボールを地面に置かなければいけません。(うっかり前に進んでしまったときは、審判の指示に従いタッチされた位置に戻ります。)チームメイトがそのボールを拾い上げてプレー続行します。攻撃側はこれを5回まで続けることができ、6回目のタッチをされたら、相手にボールを渡し、攻守交代になります。

「パスは自分より後ろの味方に投げる」「タッチしたら防御側はボールより5m下がる」などのルールを守ればOK。
パスとランだけでシンプルでかつスピーディな展開を楽しむことができます。

実際に参加してみて、老若男女問わず、誰もが安心・安全に楽しめるスポーツでした。
小さなお子さんたちの笑顔もたくさん見ることができました。

2019年のラグビーワールドカップ開催に向け、県内各地でラグビーイベントが行われ、ますます盛り上がってきました。みなさんもイベントに参加してみる、試合を観戦する、実際にやってみるなど、ラグビーを楽しんでみてください!