第16回全国障害者スポーツ大会神奈川県選手団結団式

掲載日:2018年3月30日

第16回全国障害者スポーツ大会(2016希望郷いわて大会)神奈川県選手団結団式

 平成28年10月20日(木曜日)、神奈川県民センターホールで、2日後の10月22日(土曜日)から3日間、岩手県で開催される「第16回全国障害者スポーツ大会(2016希望郷いわて大会)」に参加する「神奈川県選手団」の結団式が開催されました。

 

 「全国障害者スポーツ大会」とは、「全国身体障害者スポーツ大会」と、「全国知的障害者スポーツ大会」を統合した大会として、障害のある選手が競技を通してスポーツの楽しさを体験することと、この大会を通して、障害に対する理解を深め、障害のある方の社会参加が進んでいくことを目的に、平成13年に第1回大会が宮城県で開催されて以降毎年実施されています。今年の大会では、全国の都道府県、政令指定都市からの選手団およそ5,500人が参加する予定です。

 

 神奈川県(横浜市、川崎市、相模原市を除く)からは、陸上競技、ボウリング、卓球(サウンドテーブルテニスを含む)、フライングディスクに代表選手が出場します。

 

結団式の様子をお伝えします。

開会の後、選手・役員の紹介。総勢81名の選手団です。

団旗授与

浅羽副知事から旗手の才神卓也選手(陸上)と戸井田愛子団長へ団旗が渡されました。

激励のことば

浅羽副知事が手話を交えて話をしました。

神奈川県選手団 戸井田愛子団長のあいさつ

選手代表の梅若舞選手(陸上)と辻村琢光選手(卓球)が選手宣誓を行いました。

選手団の皆さん。

結団式終了後、そのままバスに乗り込み岩手県へ出発しました。

大会の様子は、後日お伝えいたします。選手の皆さん頑張ってください!