ラグビーワールドカップ2019及び東京2020オリンピック・パラリンピック競技大会神奈川推進会議設立総会、リオデジャネイロオリンピック・パラリンピック大会入賞者祝賀会

掲載日:2018年3月30日

ラグビーワールドカップ2019及び東京2020オリンピック・パラリンピック競技大会神奈川推進会議設立総会

 2019年に、ラグビーワールドカップが日本で開催されます。神奈川県では、横浜で決勝戦が行われることになっています。2020年には、東京オリンピック・パラリンピック競技大会が開催されます。神奈川県では、セーリング、サッカー、野球・ソフトボールの開催が決まっています。

大きな国際的スポーツイベントの開催に向けて、県内の関係団体が連携を取り、イベントを盛り上げ成功させるための推進組織として「ラグビーワールドカップ2019及び東京2020オリンピック・パラリンピック競技大会神奈川推進会議」を設立する総会が開催されました。

 総会の後には、今年のリオデジャネイロオリンピック・パラリンピック大会に出場し入賞(8位以内)した選手を招いての祝賀会が開催されました。

 

オープニングビデオに続き、設立趣旨の説明や会則の承認が行われました。

黒岩神奈川県知事の「会長挨拶」

祝賀会4

「チーム神奈川で盛り上げていきましょう」

鈴木藤沢市長の「副会長代表挨拶」

事務局から「ラグビーワールドカップ2019及び東京2020オリンピック・パラリンピック競技大会に向けて」説明がありました。

具志堅県体操協会副会長からオリンピック開催に向けてメッセージ

「平和であるからこそオリンピックが開催でき参加できる」

元ラグビー日本代表吉田氏からラグビーワールドカップ開催に向けてメッセージ

「ボールを前に運んでいくためには勇気や仲間のサポートが必要な競技」

みなさんで盛り上げていきましょう!

 

続いては

リオデジャネイロオリンピック・パラリンピック大会入賞者祝賀会

 今年のリオデジャネイロオリンピック・パラリンピック大会に出場し入賞(8位以内)した選手を招いての祝賀会が開催されました。当日は雨のため屋外ではなく、屋内の会場で行われました。

 

オリンピック入賞選手(13名参加)(敬称略)

前列左から、清水咲子(競泳)、中村美里(柔道)、高藤直寿(柔道)、ベイカー茉秋(柔道)、白井健三(体操)、村上茉愛(体操)

後列左から、五十嵐千尋(競泳)、松本弥生(競泳)、藤森太将(競泳)、棟朝銀河(トランポリン)、杉本早裕吏(新体操)、吉岡美帆(セーリング)、吉田愛(セーリング)

パラリンピック入賞選手(8名参加)(敬称略)

前列左から、多川知希(陸上)、山口貴久(ウィルチェアーラグビー)、若山英史(ウィルチェアーラグビー)、成田真由美(水泳)、二條実穂(車いすテニス)

後列左から、石井雅史(自転車)、林田泰河(水泳)、欠端瑛子(ゴールボール)

紹介の後、選手一人ひとりから挨拶

黒岩知事から花束贈呈と祝辞

鴻県体育協会会長から祝辞

記念撮影

県立体育センター事業に関わってくださっている選手も活躍しました。

ウィルチェアーラグビー(銅メダル)山口貴久選手

「県内パラアスリートの栄養サポート事業」

「かながわスポーツタイムズ第64号掲載」

 

車いすテニス(4位)二條実穂選手

「県内パラアスリートの栄養サポート事業」

選手の皆さんおめでとうございます。今後の活躍も期待しています!