第29回ねんりんピック長崎2016神奈川県選手団結団式

掲載日:2018年3月30日

第29回全国健康福祉祭ながさき大会「ねんりんピック長崎2016」神奈川県選手団結団式

平成28年10月15日(土曜日)から18日(火曜日)まで長崎県で開催される、第29回全国健康福祉祭ながさき大会「ねんりんピック長崎2016」に参加する神奈川県選手団118人の結団式が10月5日(水曜日)に横浜市開港記念会館で行われました。

ねんりんピックとは

 「ねんりんピック」の愛称で親しまれている「全国健康福祉祭」は、60歳以上の高齢者を中心としたスポーツ、文化、健康、福祉等の幅広いイベントが開催される一大祭典です。

 昭和63年に兵庫県で第1回大会が開催され、その後、各都道府県持ち回りで毎年開催されています。

 平成33年には、神奈川県で開催予定です。

 長井 渉 神奈川県選手団団長「挨拶」

 宮越 雄司 神奈川県スポーツ局長「激励の言葉」

県旗授与

 旗手 野村 進選手(ソフトボール)

選手宣誓

選手代表 平出 純子選手(卓球)

参加選手(16種目)

平均年齢 67.87歳

最高齢者 男性 83歳(卓球:赤羽 昇選手)

 女性 85歳(ペタンク:伊原 シゲ子選手)

ソフトボール、ダンススポーツ、

インディアカ、サッカー、

グラウンド・ゴルフ、ペタンク、

太極拳、ゲートボール、

弓道、ソフトバレーボール、

剣道、テニス

ソフトテニス、ターゲット・バードゴルフ、

健康マージャン、卓球