第95回全国高等学校ラグビーフットボール大会決勝戦

掲載日:2018年3月30日

平成28年1月11日(月曜日)に東大阪市花園ラグビー場で開催された「第95回全国高等学校ラグビーフットボール大会」の決勝戦に、神奈川県代表「桐蔭学園」が出場しました。

スポーツ情報班が当日の会場の様子をお伝えします。

試合会場の花園ラグビー場(左)とスタジアムに隣接してあるグラウンド(右)

ラグビー人気はまだまだ続きます!

試合観戦がしやすいスタンドでした。(右)

試合前のスタンドのラグビー部応援席。黒岩知事も応援に駆けつけました!!

メンバーが発表されいよいよ試合開始です。試合前に円陣で気合を入れる!

キックオフと同時に激しくぶつかり合います。 

試合が始まるとバックスタンドは超満員!!メインスタンドも埋まります!

応援席からも熱い声援がグラウンドに注がれます!試合は序盤から激しい攻防が展開されます!

先行を許していた桐蔭学園がトライ!!キックも成功!!

応援席も盛り上がります!サブのメンバーも体を温めます。

前半、桐蔭学園の逆転トライ!!

前半終了間際に逆転を許してハーフタイムへ。グラウンド上でのハーフタイムミーティングの様子です。

後半の攻防とトライを奪う様子です。

リードを許して後半ロスタイムのラストプレーと意地と執念でトライを奪う様子です。

最後まで粘りを見せた仲間に大きな声援を送る。ノーサイドのホイッスル。試合終了。

東海大仰星37-31桐蔭学園 準優勝

優勝した東海大仰星高校

悔しさが伝わってきましたが、準優勝は立派な成績です!最後の粘りも観衆を魅了しました!! 

神奈川県を代表して戦った桐蔭学園ラグビー部に大きな拍手を送りたいと思います!

試合後のスタンドではこんな光景を見ました。応援を終えたラグビー部員の皆さんがスタンドを出るときに・・・応援席のゴミを探すように歩いて拾っていました。グラウンドの外でもすばらしいチームでした。

試合後、スタンドの外で、「花園で勝つことを目指して仲間とともに支えあって、戦えた事を誇りに思います。ありがとうございました。」と、部員の代表者が挨拶。

桐蔭学園ラグビー部の皆さん。感動をありがとうございました。

 

2019年に日本で開催されるラグビーワールドカップの決勝戦は、神奈川県横浜市で開催されます。

神奈川県のラグビーを皆さんで盛り上げていきましょう!!