フロアボール女子日本代表の活動紹介

掲載日:2018年3月30日

 2015年1月のアジア・オセアニア予選で優勝し、12月4日から12日までの日程で、フィンランドのタンペレで開催される「2015女子世界フロアボール選手権大会」への出場権を獲得しました。本番へ向けて練習を重ねている「フロアボール女子日本代表チーム」には、神奈川県の選手も活躍しています。あと1か月に迫った大会へ向けて取り組む代表選手の練習をご紹介します。 

 フロアボールは、体育館で行うホッケーという感じです。ルールなど詳細については、日本フロアボール連盟のホームページでご覧ください。 

http://www.floorball.jp/

選手名

 この日は、世界選手権初戦のデンマークを想定して、男子選手が相手チームに入るなどして、メンバーを入れ替えながら試合形式の練習を行っていました。

試合前の選手ミーティング。

試合はフェイスオフで始めます。

ゴールキーパーはスティックを持ちません。ゴール裏もプレーできます。

パスから反転シュートでゴール!!

選手の交代は自由。プレー中に上手く入れ替わります。

試合形式の練習は、20分を3本。

女子日本代表吉野監督。男子代表の監督も兼任しています。

女子日本代表チームがリードして終了。

 ミーティング後、さらに20分間、5対6と4対6の数的不利な状況で男子選手相手に守りの練習!!数的不利でも喰らいついて守ります。こういった練習が世界の舞台では大切!

「2015女子世界フロアボール選手権大会」の試合予定は、12月4日がデンマーク、6日がシンガポール、7日がオーストラリアとの対戦です。皆さん、日本を代表して戦う選手への応援よろしくお願いします。

フロアボールの用具

フェンス(スウェーデン製)をつなぎ合わせてコートを作っています。終了後の片づけも選手が行います。

スティックとボール。ボールとスティックの先はプラスチックで出来ていますが結構固い!

ゴールキーパーは、マスクとグローブをつけています。