未病センターカーブス小田原の紹介

掲載日:2018年3月30日

 県では、未病の概念を理解いただき、「未病を治す」取組み(「食」「運動」「社会参加」)を体験・実践できる場として、「未病センター」構想を推進しており、(1)健康状態の見える化、(2)健康に関する相談・アドバイス、(3)食・運動などの情報提供の機能を持つ「未病センター」の認証を行っています。

 中でも「運動」に関しては「1日30分、週3回、3か月間、日常生活の中に運動・スポーツを取り入れよう」という「3033運動」の実践を推奨しています。。

 そこで、6月20日(土曜日)に認証第1号「未病センターカーブス小田原」がオープンされたので、7月5日に取材をしてきました。

 

 6月20日(土曜日)にオープンしてから、ご夫婦や高齢者の方などがいらしているそうです。

 利用方法については以下の通りです。

 まず、はじめに初回の登録料100円を支払い、カウンセリングコーナーで食生活や運動状況などのアンケートに回答します。なお、登録をすれば、2回目以降は無料となり、改善効果の確認や自分にあったアドバイスなどが受けられます。

 続いて、身長・体重・体組成・血圧を測定します。体力年齢の測定は「片足スクワット(脚力やバランス)」「長座体前屈(柔軟性)」「上体起こし(腹筋)」の3項目です。

 この体力年齢の測定項目は「3033運動チェック&実践ガイド」の作成に協力してくださった宮地元彦氏のアドバイスを基に考案されたものです。

 測定前に、自分の体調を確認し、スタッフと準備運動を行って、安全に留意して実施します。

 測定データを元に健康管理指導士などのスタッフが個別にアドバイスをしてくれます。

 その後は実際にマシンを使って、ご自身の体力に合わせた運動を体験できます。

 右上の写真は肩回りや背中の筋肉をトレーニングすることができる「ショルダープレス」というマシンです。スタッフの方が「あと少し!ファイト!」と声をかけながらやってくれます。時間はたったの30秒間!ガンバレ!!

 

 実際に体験した方にインタビューをしてみたところ、「これまで文化系で運動とは縁がなかったので、これを機に運動をやってみたい」「運動が大切なのはわかっているけれど、どんなことをやったらよいかわからなかったので、大変参考になった」などのお話がありました。

 みなさんもぜひ利用してみてください。

 未病センターカーブスでは、女性だけでなく男性向けなどさまざまなイベントが開催される予定です。現在、3033運動講習会とのコラボも検討中!みなさんふるってご参加ください。

1 場所

未病センターカーブス(小田原市前川120番地「小田原シティーモール」内)

2 日時

7月18日(土曜日)13時00分から

3 参加料

無料

4 内容

女性限定

ご自身の食事チェックやお悩みにあわせた体操をスタッフが教えてくれます。