全国障害者スポーツ大会【ぎふ清流大会】聴覚女子関東ブロック地区代表、神奈川県チームのご紹介

掲載日:2018年3月30日

全国障害者スポーツ大会【ぎふ清流大会】聴覚女子関東ブロック地区代表、神奈川県チームのご紹介

 
 
 

目で聞く!音を見る!
デフバレーボールとは

デフ(聴覚障害者)によるバレーボールのこと。チームメイトの声、審判の笛の音、ボールをはじく音などが聞こえない状態でプレーをする。最高峰の国際大会としてはデフリンピックがあるほか、世界選手権なども行われている。それぞれコートや用具、競技形式など一般のバレーボールのルールと同じである。(ネットの高さ:男子2.43m、女子2.24m)

一般社団法人日本デフバレーボール協会HPより

 今年5月、栃木県宇都宮市で開催された2012年度全国障害者スポーツ大会関東ブロック地区予選会で見事に代表権を獲得した聴覚女子神奈川チームが、全国大会に向け神奈川県立体育センタースポーツアリーナで練習を行いました。

 さすが関東ブロックを勝ち上がったチーム、競技レベルの高さとチームワークの良さにびっくり!!本選での活躍が期待されます。

【参考】