平成30年度薬剤師認知症対応力向上研修

掲載日:2019年2月19日

高齢者が受診した際や受診後等に接する薬局・薬剤師に対し、認知症の人本人とその家族を支えるために必要な基本知識や、医療と介護の連携の重要性等を習得するための研修を実施します。(30年度の研修は終了しました)

日時

平成30年9月9日(日曜日) 14時から17時45分

会場

神奈川県総合薬事保健センター 1階 多目的ホール

内容

1.認知症施策の現状

講師 大和市健康福祉部高齢福祉課認知症施策推進担当 水野 義之氏

2.行政書士が感じる認知症のある方の成年後見制度の有用性について

 ア.行政書士が感じる認知症のある方の成年後見制度の有用性について 

 講師 一般社団法人コスモス成年後見サポートセンター神奈川県支部 研修委員長 村上 崇文氏

 イ.受任業務における事例報告~在宅、施設の困難事例に学ぶ、薬剤師との連携のお願い~

 講師 神奈川県行政書士会 研修部長 蛭川 奈美氏、研修部員 平 悦子氏、研修部員 沖田 輝義氏

3.若年性認知症支援コーディネーターの役割

講師 独立行政法人国立病院機構 久里浜医療センター 若年性認知症支援コーディネーター 古屋 富士子氏

4.若年性認知症という体験を語る

講師 一般社団法人かまくら認知症ネットワーク 代表理事 稲田 秀樹氏

近藤 英男氏
 

受講料

無料

定員

100名

申込方法

WEBによる申込み(FAXによる申込みは以下のお問合せ先へご連絡ください)
https://www.kpa.or.jp/kpa_workshop_past/56126/

お問合せ先

公益社団法人 神奈川県薬剤師会 事業課
TEL045-761-3241 FAX045-751-4460
HPhttps://www.kpa.or.jp/kpa_workshop/49454/

本文ここまで
県の重点施策
  • 未病の改善
  • ヘルスケア・ニューフロンティア
  • さがみロボット産業特区
  • 県西地域活性化プロジェクト
  • かながわスマートエネルギー計画
  • 東京2020オリンピック・パラリンピック競技大会
  • 神奈川県発、アート・カルチャーメディア「マグカル」
  • ともに生きる社会かながわ憲章
  • SDGs未来都市 神奈川県 SDGs FutureCity Kanagawa