令和元年度若年性認知症自立支援ネットワーク研修・産業保健セミナー合同研修会

掲載日:2019年10月7日

 若年性認知症は、働き盛りの年齢で発症することにより、身体的にも精神的にも、また経済的にも高齢者とは異なる課題があり、正しい理解に基づく適切な支援が求められています。
そのため、就労・社会参加、居場所づくり等のさまざまな支援が必要です。

 このたび、神奈川産業保健総合支援センターと合同で、職場等の労務管理者の皆様及び行政関係者へ、より若年性認知症の理解を深めるため研修会を実施しますので、ぜひ、ご参加ください。

日時

令和元年10月28日(月曜日)13時30分から16時まで

場所

神奈川産業保健総合支援センター 3階研修室
(横浜市鶴屋町3-29-1 第6安田ビル3階)

対象

職場等の労務管理者、市町村職員、保健福祉事務所・センター認知症担当者等関係者

講義

テーマ「若年性認知症の理解」

  1. 医学的な理解
    講師 久里浜医療センター・認知症疾患医療センター 美濃部 るり子 医師
  2. 若年性認知症支援コーディネーターの役割・当事者、家族の気持ち
    講師 若年性認知症支援コーディネーター 古屋 富士子 氏
    講師 (ご本人調整中)
  3. 神奈川産業保健総合支援センターからの情報提供

定員

50名 
*定員が一杯の場合、職場等の労務管理者を優先し先着順とします。

参加費

無料

申込方法

研修チラシ(PDF:422KB)2ページ目の申込書に必要事項を記入し、申込書記載の宛先にFAXまたはメールで申込みください。

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

本文ここまで
県の重点施策
  • 未病の改善
  • ヘルスケア・ニューフロンティア
  • さがみロボット産業特区
  • 県西地域活性化プロジェクト
  • かながわスマートエネルギー計画
  • 東京2020オリンピック・パラリンピック競技大会
  • ラグビーワールドカップ2019
  • 神奈川県発、アート・カルチャーメディア「マグカル」
  • ともに生きる社会かながわ憲章
  • SDGs未来都市 神奈川県 SDGs FutureCity Kanagawa