病院勤務の医療従事者向け認知症対応力向上研修

掲載日:2019年6月25日

病院勤務の医療従事者向け認知症対応力向上研修を実施します

病院勤務の方々に認知症の人や家族を支える必要な知識を得ていただき、医療と介護の連携など退院後の支援を視野に入れた研修です。また、地域で支える関係機関の方々も受講していただくことができます。
※認知症ケア加算2の該当研修ではありませんので御承知おきください。

 

1

回 

令和元年8月20日(火曜日)

13時30分から17時00分まで

神奈川県総合医療会館 7階講堂

平塚医療福祉センター 

吉井 文均 センター長

東海大学医学部付属大磯病院 認知症看護認定看護師 

鷹嘴 亜里氏

藤沢市地域包括ケアシステム推進室 

保健師 小鈴 康子氏

参加申込書に記入のうえ、8月6日(火曜日)までにFAXまたは郵送でお申込みください。

定員:150名

  • 研修対象者:
  • 1 県内(指定都市除く)の病院で勤務する医師、看護師、その他の医療従事者 

  • 2 県内(指定都市除く)で勤務する1を除く保健医療福祉介護関係者  

  • 費用:無料

 

本文ここまで
県の重点施策
  • 未病の改善
  • ヘルスケア・ニューフロンティア
  • さがみロボット産業特区
  • 県西地域活性化プロジェクト
  • かながわスマートエネルギー計画
  • 東京2020オリンピック・パラリンピック競技大会
  • ラグビーワールドカップ2019
  • 神奈川県発、アート・カルチャーメディア「マグカル」
  • ともに生きる社会かながわ憲章
  • SDGs未来都市 神奈川県 SDGs FutureCity Kanagawa