平成24年7月13日「介護ロボット普及推進センター事業に関する協定」を締結しました!

掲載日:2018年5月7日

「介護ロボット普及推進センター事業に関する協定」を締結しました!

県は、社会福祉法人同塵会及び医療法人社団成仁会と、「介護ロボット普及推進センター事業に関する協定」を締結しました。

目的

今後ますます重要性が増す、介護・医療分野の従事者の負担軽減や、サービスの質の向上等につなげるため、介護・医療の現場で介護ロボットを活用し、開発・改良促進を図るとともに、活用方法を広く県内の介護・医療従事者等に公開し、導入の検討を支援する。

協定締結先

平成24年6月21日から7月2日まで公募を実施し、選考の結果次の法人に「公開事業所」としてご協力いただくこととしました。

 社会福祉法人同塵会 特別養護老人ホーム芙蓉苑 (横浜市港南区下永谷4-21-10)

 医療法人社団成仁会 長田病院 (横浜市港南区丸山台2-2-10)

協定に基づき協力いただく内容

介護ロボットの使用・評価、視察・見学者の受入れ

協定の内容については「介護ロボット普及推進センター事業に関する協定書」[PDFファイル/8KB]をご覧ください。

公開予定ロボット

機器名

パロ

PALRO

ルンバ

HAL

NESS

写真 パロ パルロ ルンバ ハル ネス

開発・販売元

(独)産業技術

総合研究所

(株)知能システム

富士ソフト(株)

セールス・

オンデマンド(株)

CYBERDYNE(株)

フランスベッド(株)

用途

癒し、

認知症ケア

コミュニケーション

掃除省力化

リハビリ

リハビリ

公開場所

特別養護老人ホーム 芙蓉苑

(横浜市港南区下永谷4-21-10)

長田病院

(横浜市港南区丸山台2-2-10)

協定締結式

平成24年7月13日(金曜日)、県庁第2応接室で協定締結式を開催しました。

協定の締結

社会福祉法人同塵会、医療法人社団成仁会の松井理事長との協定締結。(中央下は富士ソフト(株)のコミュニケーションパートナーロボット「PALRO」)

理事長と歓談

協定締結後、松井理事長との意見交換。

高齢化が急速に進む本県において、介護、医療分野で介護ロボットの普及は、従事者の負担軽減、サービスの質の向上等に結び付くと考えられます。この介護ロボット普及推進センター事業が今後の介護ロボット普及の大きな足がかりになるものと期待しています。

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。