月例講座「金沢文庫の郷土資料あれこれ」

開催期間

2020年5月17日

内容

中世歴史博物館として、鎌倉時代の金沢北条氏と称名寺の資料を中心に活動している神奈川県立金沢文庫は、金沢の郷土資料館としても十分活動できる郷土資料を収蔵しています。特に金沢八景関係資料は楠山永雄コレクションが加わることでさらに充実してきました。「江戸刷リ物品定メ」展でご紹介している資料をはじめ、県立金沢文庫がもっている郷土資料のあれこれをご紹介したいと思います。
少しだけ熊原政男二代目文庫長の郷土資料写本にまつわる話もさせていただきます。
【日時】5月17日(日曜日) 13時30分から15時00分まで
【講師】山地 純 (金沢文庫学芸員)
【会場】神奈川県立金沢文庫 大会議室(地下1階)
【定員】100名(応募多数の場合は抽選)
【参加費】無料(当日受付で観覧券をお求めください)

申込方法

(1)か(2)を選択してください

(1)講座申込フォームからお1人ずつお申込下さい。(一度に複数名の申込みはできません。)

(2)往復はがき(1人1枚)に住所・氏名・電話番号、希望講座名(開催日)を明記して神奈川県立金沢文庫(〒236-0015神奈川県横浜市金沢区金沢町142)へご郵送ください。

【申込締切】5月3日(日曜日)必着

申込フォーム(別ウィンドウで開きます)

主催者等

神奈川県立金沢文庫