ワークショップ「絵解きで顕わす伊豆・富士山の世界」

開催期間

2019年1月13日

内容

寺社の縁起や参詣に関する研究の第一人者である阿部美香氏と大高康正氏をお迎えし、2018年度東京大学史料編纂所一般共同研究「参詣曼茶羅図を中心とする富士山信仰史資料の総合的研究と公開」の研究成果をふまえつつ、絵解きで参詣曼荼羅を読み解くワークショップを開催します。

【日時】1月13日(日曜日) 13時30分から15時30分まで
【講師】阿部美香氏(名古屋大学人類文化遺産テクスト学研究センター)
     大高康正氏(静岡県富士山世界遺産センター)
【会場】神奈川県立金沢文庫 大会議室(地下1階)
【定員】50名(応募多数の場合は抽選)
【参加費】無料(当日受付で観覧券をお求めください)

申込方法

(1)か(2)を選択してください

(1)講座申込フォームからお申込

(2)往復はがき(1人1枚)に住所・氏名・電話番号、希望講座名(開催日)を明記して神奈川県立金沢文庫(〒236-0015神奈川県横浜市金沢区金沢町142)へご郵送ください。

【申込締切】12月16日(日曜日)必着

申込フォーム

主催者等

神奈川県立金沢文庫