解説講座「金沢札所について」

開催期間

2021年3月6日

内容

江戸時代中頃宝暦年間(1751~64)には、かねさは(金沢区)でも、観音信仰の札所34か所が誕生し、巡礼をしたようです。「金沢札所」です。今の磯子区や港南区も含まれていますが、札所第一番は称名寺左隣の海岸寺です。ご本尊は現在称名寺所蔵の重要文化財十一面観音立像として金沢文庫に保管されています。この札所を示す札所塔という石碑を中心に「金沢札所」をご紹介します。
【日時】2021年 3月6日(土曜日) 13時30分から15時00分まで
【講師】山地 純(金沢文庫主任学芸員)
【会場】神奈川県立金沢文庫 大会議室(地下1階)
【定員】50名
【参加費】無料(当日受付で観覧券をお求めください)
※新型コロナウィルス感染症流行の状況により、中止の可能性があります。

申込方法

(1)か(2)を選択してください

(1)講座申込フォームからお1人ずつお申込下さい。(一度に複数名の申込みはできません。)

(2)往復はがき(1人1枚)に住所・氏名・電話番号、希望講座名(開催日)を明記して神奈川県立金沢文庫(〒236-0015神奈川県横浜市金沢区金沢町142)へご郵送ください。

【申込締切】2021年2月21日(日曜日)必着

申込フォーム(別ウィンドウで開きます)

主催者等

横浜市金沢区役所
神奈川県立金沢文庫