向の岡工業高等学校

掲載日:2018年4月2日

向の岡工業高等学校における自動車部の取組み【神奈川県立向の岡工業高等学校】

本校は、健康、誠実、情操、創造、勤労の教育理念の元、昭和36年10月1日に設立し、50年以上の歴史と伝統を持つ工業高校です。学科は、機械科、電気科、建設科の3科からなり、それぞれ専門分野を学んでいます。また、本校は、将来の地域産業を担うマイスターの人材育成を使命としており、実習や資格取得を通して、職業人としての基礎基本を学習しています。

向の岡工業高等学校校舎
向の岡工業高等学校校舎

「自動車部の取組み」

自動車部は、現在2年生2名、1年生4名の、計6名で活動しています。活動内容は、1年に2回、エコラン大会への出場、1年に1回地域貢献活動として、車いす修理のボランティア活動を行っています。
また、本校文化祭の中でも、壊れた自転車の修理等を行い、多くの方々にご来場いただきました。
1年に2回出場する“エコラン”とは、原動機付自転車のエンジンを、手作りの軽量車体に搭載し、どのくらいの燃料消費率(燃費)で走行できるかを競う大会です。換算値では、他チームではありますが3,644.869km/Lという最高記録も過去に出ています。本校は、平成27年に14回目の全国大会出場を果たしました。

エコランカーの車体全国大会パネル
エコランカーの車体  全国大会パネル

「エコラン大会でのレース状況」

全国大会のレースは、平成27年9月19日に予選、9月20日に決勝という日程で進められ、本校は2台体制で挑みました。結果は、高校生クラス全241台中、Aチームは第45位で、記録567.631km/L、Bチームは残念ながらリタイアしました。両チームの生徒ともに、レース直前まで車を整備し、少しでも燃費を向上させようとトライしました。それだけに、リタイアという結果はとても悔しく、残念でした。しかし、リタイアから学ぶことも多く、原因を分析し、来年に活かせるような車作りを早速始めています。Aチームのドライバーは、3年間努めた最後の年で、無事に記録を残すことができました。

「自ら考える力をつける。ものづくりの魅力」

車作りをすることの一番の魅力は、自分の考えたことを実践して物にし、試すことができる。失敗すれば、何が悪かったのかをまた考える。そして、最高の物を作り上げる。このものづくりのサイクルを肌で実感できることです。部活動を通して、ものづくりの魅力を味わうことができるのは、工業高校ならではかもしれません。今回のレースでも課題が多く、問題は山積ですが、問題が多いほど、解決したときの達成感を味わうことができるのも自動車部の魅力です。平成28年の大会では、記録を更新することを目指します。そしていつか優勝できるように、引き続き活動していきます。

全国大会集合写真
全国大会集合写真

お問い合わせ先

神奈川県立向の岡工業高等学校
電話:044-833-5221

本文ここまで
県の重点施策
  • ヘルスケア・ニューフロンティア
  • 未病の改善
  • さがみロボット産業特区
  • 県西地域活性化プロジェクト
  • かながわスマートエネルギー計画
  • 東京2020オリンピック・パラリンピック競技大会
  • ラグビーワールドカップ2019
  • マグカル
  • ともに生きる