藤沢西高等学校

掲載日:2018年4月2日

青少年育成協力会との連携による地域貢献活動【神奈川県立藤沢西高等学校】

 

本校は昭和49年4月に開校し、平成26年に創立40周年の節目を迎えました。誠実・勤勉・協調・健康・教養に重点をおいた教育活動を展開しています。「文武不岐(ぶんぶふき)」をモットーにきめ細かい学習・進路指導、生徒主体の学校行事を行っています。 
生徒たちは学習、部活動、行事と、充実した高校生活を送っています。平成29年春には新校舎がすべて完成し、さらに素晴らしい教育環境のもとに学校生活が送れるようになります。

本校は様々な交流により地域との連携を深め、地域コミュニティーづくりに参加しています。地域との交流活動の中で、生徒は学校だけでは得られない貴重な体験をしています。
主な、行事として、「春一番の音楽会」(4月)、「地域清掃」(11月)、「文教大学での大学授業体験」(11月・12月)、「地域保育園における保育体験」(11月・2月)、「かるた部訪問指導」「吹奏楽の集い」(1月)、「遊ing西高」(3月)などがあります。今回はこの中から、湘南大庭地区青少年育成協力会との連携による行事「遊ing西高」と「春一番の音楽会」を紹介します。

「遊ing西高」

「遊ing西高」とは、高校生が講師となり湘南大庭地区の小学生と触れ合う「異年齢の交流」を目的とした事業です。湘南大庭地区青少年育成協力会との連携により、平成12年度から実施しています。毎年、本校の生徒会や部活動の生徒が、地域の皆さんや中学生ボランティアにも支えられながら、地域の小学校の児童に様々な体験をしてもらう講座を開いています。
生徒会では、イベント紹介のビデオ作成を行うなど創意工夫を凝らし、当日を迎えます。平成27年3月14日の高校生参加者は201名、小学生参加者は207名でした。
小学生たちが新たな発見に驚き、体験を楽しむ姿に生徒たちもやりがいを感じています。

平成26年度「遊ing西高」講座一覧
部活 講座内容 部活 講座内容
お菓子 スノーボールとパンケーキを作ろう 女子バレー バレーボールを楽しもう
かるた 競技かるたにふれよう! ハンドボール ボールゲームを楽しもう!
茶華道 和菓子でお茶を 水泳 クレープクラブ(注)
美術 オリジナルうちわを作ろう 吹奏楽 触ってみよう、持ってみよう、吹いてみよう
剣道 剣道をしてみよう 女子フットサル ボールと仲良くなろう
テニス テニスを楽しもう! 漫画研究 石に絵を描いて、素敵なオブジェを作ろう

スノーボールとパンケーキを参加者と調理している様子
スノーボールとパンケーキを作成中

フットサルの基本練習を行う参加者たち
フットサルに挑戦

楽器の演奏を教えている生徒の様子
楽器を演奏してみよう

(注)水泳部はシーズンオフのため小学生とクレープを作り親睦を深めた。

春一番の音楽会

湘南大庭地区青少年育成協力会が企画し、地元の藤沢市立大庭中学校と滝の沢中学校、本校の吹奏楽部が大庭市民センターにて地域の方々を前に演奏を披露します。曲目はクラシックからポップスまで多岐にわたり、熱のこもった演奏が行われます。
平成27年4月11日に開催した「春一番の音楽会」では以下の曲目を演奏しました。

1、celebration
2、天国の島
3、「千と千尋の神隠し」挿入歌メドレー
4、ティコティコ
5、ジャパニーズグラフィティ999
6、ようかい体操第1

絶妙なアレンジと素晴らしい演奏で観客を魅了しました。

 

地域貢献活動から学んだこと

地域貢献の取組みによって、本校の生徒たちも、地域に支えられ、地域の協力のもと充実した高校生活が送れていることを実感しています。「遊ing西高」では小学生と触れ合い、アドバイスをしているうちに、教えることの楽しさや達成感を感じているようです。また「春一番の音楽会」では、地域の方々が演奏に聴き入る姿や笑顔が、本校生徒にも大きな喜びを与えています。このような取組みは、地域と本校との重要な架け橋となっており、こうした充実した企画を検討しつつ、今後も長く続けていきたいと考えています。

 

 

お問い合わせ先

神奈川県立藤沢西高等学校
電話:0466-87-2150
(このページの内容は平成27年4月28日現在のものです。最新の情報は学校のホームページでご確認ください。)

 

本文ここまで
県の重点施策
  • ヘルスケア・ニューフロンティア
  • 未病の改善
  • さがみロボット産業特区
  • 県西地域活性化プロジェクト
  • かながわスマートエネルギー計画
  • 東京2020オリンピック・パラリンピック競技大会
  • ラグビーワールドカップ2019