伊勢原高等学校

掲載日:2018年4月2日

地域に根ざす開かれた学校づくり【神奈川県立伊勢原高等学校】

昭和3年に地域の方の要望を受けて開校した本校は、平成27年で創立87年目を迎える伝統校です。地域とのつながりを大切に「開かれた学校づくり」をめざして、これまでも公開講座やボランティアなどで、地域の方との交流を大切にしてきました。近年は地元の自治体と連携し、防災避難訓練も実施しています。今回は地域交流の様子や防災避難訓練の具体的な取り組み、また、本校で行っている防災教育についても併せて紹介します。

地域の方々との防災避難訓練の実施-震災が起きたら-

大地震が発生し、本校が近隣地域住民の方の避難所となった場合を想定して、平成26年11月11日、全日制の生徒が近隣自治会の方々とともに非常食の作り方を学び、アルファ米など非常食の喫食体験をしました。生徒や地域の方々は、最初はアルファ米を見て不安や驚きを浮かべていましたが、おそるおそる口にすると「意外とおいしい」「非常食とは思えない」と感嘆の声が聞こえました。
また、防災アドバイザーの方から、非常時にスナック菓子からポテトサラダを作る方法やビニール袋を使った白米の炊き方などを教わりました。
さらに、翌日夕方からは、定時制の防災避難訓練としてスモーク体験、応急担架訓練を伊勢原市消防本部の協力のもと実施しました。いざという時に瞬時に判断することを学び、生徒からは「平和ボケしていた自分に何か喝が入った気分です」という声も聞かれました。地域の方々からも「高校生と一緒に訓練ができて、いざという時の安心感が得られた」と好評でした。

地域の方によるアルファ米の作り方を説明している様子
地域の方によるアルファ米の作り方の説明

アルファ米を食べる生徒達の様子
実際にアルファ米を食べる様子

 

 

 

 

本校での防災教育-こんな時はどうする?-

平成26年11月18日、「防災意識を高める授業」として、防災カードゲームを「総合的学習の時間」を活用して行いました。このカードゲームでは、毛布担架の作り方や空き缶ランタンの作り方など災害時に役立つ防災の知恵や知識を、遊びながら身に付けることができます。最初、生徒たちは口々に難しいとつぶやいていましたが、ゲームが進むにつれ、グループで話し合い、一問ずつ問題を解決していく姿が見られました。さらに、カードゲームを通じて身に付けた知識を生かして、実際に空き缶ランタンを作成し、授業の終わりには「意外とできた」「考えれば割と簡単」と話していました。
本校では、それぞれの教科学習との連携による防災教育も行っています。例えば「理科」では物質の燃焼現象に関連して、火災が起こる原因を学びます。「家庭科」では卵の殻をガラスに見立て、その上を素足で歩くことで、いざという時は室内でも履き物が必要だということを実感しました。今後も防災教育の取組みを充実させ、「いのちの尊重に関する教育」にもつなげていきたいと考えています。

カードゲームをしている生徒達の様子
防災カードゲームをしている生徒たち

ゲーム内で作成した空き缶ランタンに灯をともしている様子
ゲーム内で作成した空き缶ランタン

積極的な地域交流-公開講座や花壇づくり-

地域の歴史や伝統文化に対する理解を深めるという目的のもと、地域の方々や生徒、保護者に参加を呼びかけて、地域の方を講師とした公開講座を開催しています。
平成26年7月9日、公開講座の一つとして、地域の方を講師に迎え、本校生徒と共同で、地元の名物の大山とうふ作りを行いました。生徒たちは、とうふを一から作る体験をとおして、とうふ作りに意外と手間がかかることを実感し、できたてのとうふを食べることで、郷土料理の温かさを知る良い機会になったようです。材料は同じでも、豆乳の温度やにがりの量、搾り方ひとつで違いがあり、豆乳、おからの量も様々で、できあがった「ゆば」は豆の味がしておいしいと好評でした。生徒からは「とうふがこんな風に作られるなんて知らなかった」という声が多く聞かれるなど、地域連携の有効な取組みの一つになっています。

ゆばを箸ですくいとっている様子
一つ一つ味が違うゆば

また、地域交流の取組みとして年に数回、生徒と地域の方々が協力して、学校周辺の花壇の花の植え替え作業を行っています。生徒は地域の方の指導を受けながら自分たちの手で花を植え替え、学校周辺が華やかになっていくことで、学校が地域と密接に関っていることを実感することができたようです。

花壇に花を植える生徒達の様子
花を植える生徒たち

 

このように地域と連携した防災教育や地域人材の活用を図りながら、今後も「地域に根ざす開かれた学校づくり」を積極的に推進していきたいと考えています。

 

お問い合わせ先

神奈川県立伊勢原高等学校
電話:0463-95-2578
 

本文ここまで
県の重点施策
  • ヘルスケア・ニューフロンティア
  • 未病の改善
  • さがみロボット産業特区
  • 県西地域活性化プロジェクト
  • かながわスマートエネルギー計画
  • 東京2020オリンピック・パラリンピック競技大会
  • ラグビーワールドカップ2019
  • マグカル
  • ともに生きる