光陵高等学校

掲載日:2018年4月2日

「i-ハーベスト発表会」-主体的な研究活動の成果発表会(総合的な学習の時間)- 【神奈川県立光陵高等学校】

本校は、横浜国立大学教育人間科学部附属横浜中学校と平成21年度より「連携型中高一貫校」として教育展開を行っています。i-ハーベスト(アイ・ハーベスト)発表会は、その取組みの一つで、「総合的な学習の時間」を主体とした研究成果発表会です。

i-ハーベストとは
英語の「I」(私)と「知の収穫」を意味するintellectual-harvestを重ねたもので、自らが主体的に関わり研究活動に取り組んだ研究成果を表しています。

第4回i-ハーベスト発表会

発表会は、平成23年度より、横浜国立大学、同教育人間科学部附属横浜中学校、県立光陵高等学校の3校が連携して行なっています。平成26年度は9月29日に鎌倉芸術館大ホールで開催し、本校の2年生5名と大学院生1名、中学生4名が研究発表を行ないました。
本校の発表者5名は1年生の頃から研究テーマの設定のために文献を探し、博物館等も見学しました。研究方法について頭を悩ませながらも仮説を立て、アンケートやインタビュー、市場調査の為に街に出て調査分析に取り組みました。また、研究分野ごとのゼミでは、各自の研究内容についてプレゼンテーションを行い、仲間同士で意見交換することで、発表の方法について学びました。この発表会では、お互いが切磋琢磨(せっさたくま)した成果を発表することができました。

研究テーマ一覧
附属横浜中学校生徒の研究テーマ 
熱も紫外線も通しにくい色は何色か  最優秀賞
ディズニー音楽の魅力とは? 優秀賞
剣道において打ちを速くする方法とは何か? 
-効果的な手首の活用方法とは-
優秀賞
効果的な自己紹介とは? 優秀賞・特別賞
 
光陵高等学校生徒の研究テーマ
女子中高生が求めるファッション雑誌の企画とは何か 優秀賞
いのちを繋ぐ人になる-人は人のチカラになれる- 最優秀賞・特別賞
万人がおもしろいと思うバラエティ番組とは? 優秀賞
人に好かれる髪型とは 優秀賞
ごみ分別の意識の高まるごみ箱とは? 優秀賞

発表者に対する参観生徒の感想

話し方がうまく、説得力もあり伝わりやすかった。
会場の全員を巻き込むような発表だった。
追加実験を行っていてよかった。
発表者のまとめ通り、学校の授業の中で取り入れるとよいと思う。
アンケート結果を有効に使った考察に説得力がある。
オープニングから興味をひき、話し方の抑揚により視聴者を取り込んでいた。
課題解決力が凄いと思った。
グラフの使い方がうまいと思った。
写真や図が多いので分かりやすい。
文献だけでなく、調査がしっかりしていた。

発表会を終えて

生徒自ら、主体的に考え解決する自律的な学びの力を育むことをめざした、本校の「総合的な学習の時間」は、知識基盤社会を生きていく生徒にとって、重要な学習の場となっています。どのような大人になりたいか、そのためにはどのような取組みが今後必要なのか、自分自身で目標を立てて学習に取り組むことを通じて、生徒たちは、社会の変化に対応できる総合的な力(リテラシー)をしっかりと身に付けていきます。

生徒会長が壇上で開会のあいさつを行う様子
開会のあいさつ(生徒会長)

スクリーンを使い生徒が発表する様子
発表の様子

 

 

 

 

発表者の質問に色紙を使って答える参観生徒達の様子
発表者の質問に、色紙を使って答える参観生徒

壇上にあがって表彰を受ける生徒の様子
表彰

お問い合わせ先

神奈川県立光陵高等学校
電話:045-712-5577
 

本文ここまで
県の重点施策
  • ヘルスケア・ニューフロンティア
  • 未病の改善
  • さがみロボット産業特区
  • 県西地域活性化プロジェクト
  • かながわスマートエネルギー計画
  • 東京2020オリンピック・パラリンピック競技大会
  • ラグビーワールドカップ2019
  • マグカル
  • ともに生きる