大和西高等学校

掲載日:2018年4月2日

目と心を世界に開く、未来を切り拓く、未知を啓く 世界で活躍する国際人を育成する特色ある取組み【県立大和西高等学校】

 学校の創立時より、学力向上によって進路実現をめざすとともに、豊かな人間性や資質を育み、国際的な視野を培えるように、特色ある様々な教育活動を展開しています。平成25年度より、県教育委員会から「国際教育研究推進校」の指定を受けています。

外国語教育の充実

平成26年度から、生徒全員が実用英語検定試験を受検し、授業との連携を図りながら、卒業までに2級を取得できるよう取り組んでいます。
少人数クラス編成の充実した授業内容の英語以外にも、選択科目として第2外国語の「ドイツ語」「ハングル語」を学習することができます。授業で学習した外国語を実際に使用する学校行事や国際交流等の機会を多く設け、外国語教育の充実を図っています。

国際理解教育の推進 

1年次は全員参加の「イングリッシュ・キャンプ」、2年次は海外修学旅行の事前学習と位置づけマレーシアの留学生を交えて横浜の名所旧跡を案内する「横浜Brothers&Sistersプログラム」及び「マレーシア修学旅行」を実施しています。本校生徒は、平成14年度から始まった「海外修学旅行」、「5つの海外姉妹校との交流」、「留学生との交流」等をとおして、日本の伝統文化だけでなく、異文化への理解も深め、世界に心を開く広い視野を持つとともに豊かな感性を磨いています。

イングリッシュ キャンプの様子の写真
EnglishCamp(イングリッシュ・キャンプ)

マレーシア修学旅行での集合写真
 School Trip to Malaysia(マレーシア修学旅行)

 

 

 

 

フレデリック・ダグラス高校との姉妹校交流

姉妹校の1つであるアメリカ・メリーランド州のフレデリック・ダグラス高校は、首都ワシントンDCから車で1時間足らずのメリーランド州アッパーマルボロにあり、奴隷制度廃止活動家フレデリック・ダグラス氏の名を冠した公立高校です。
毎年3月に本校生徒が訪問し、6月にはフレデリック・ダグラス高校の生徒を本校に迎えるという相互交流を行っています。それぞれの滞在は8日から9日間程ですが、ホームステイや様々なイベントを通じて、異文化を体験できるとともに、自国の伝統文化や慣習、学校生活を紹介するプレゼンテーションを行うことで、自国の文化についても再認識できる貴重な機会となっています。
平成26年3月の訪問では、フレデリック・ダグラス高校の生徒に「ジブリ」「ゆるキャラ」「日本のお菓子」「和食」「若者言葉」「書道」等について、工夫を凝らしたプレゼンテーションを披露しました。特に「書道」では、筆ペンで「愛」「平和」「絆」などの漢字を丁寧に教えました。

フレデリック・ダグラス高校での歓迎会の様子の写真
Welcome Ceremony at Frederic Douglass H.S(歓迎会)

フレデリックダグラス高校でのお別れ会の様子の写真
Farewell Party at Frederic Douglass H.S(お別れ会)


6月には、フレデリック・ダグラス高校の生徒5名を本校に迎え、国際交流委員会やESS部(英語研究部)等の生徒が、日本の「おもてなし」文化を伝えました。茶道や書道体験、近隣の小学校訪問、浅草方面へのフィールド・トリップ、日本語教室など、多くの日本文化に触れる企画を盛り込んで歓迎しました。地域の方に協力していただいた和太鼓での交流の様子は、新聞にも掲載されました。国際交流に参加した生徒たちは、「伝えたいことが英語で表現できずに大変で苦労したけれど、相手に理解してもらえた時は本当にうれしかったです。」「もっと英語を鍛えないといけないなと実感しました。」と感想を述べています。
どの交流の機会でも最終日は涙のお別れとなり、「これからも友達でいよう。」、「また会おうね。」といった言葉が英語で交わされています。このように、本校生徒は、学習した外国語を実際に使って、自分の伝えたいことをしっかり伝えることができたという成功体験と、力不足を痛感するという失敗体験を繰り返すことで、学習意欲を高め、世界を舞台に活躍できる豊かな国際性を着実に身に付けていきます。

和太鼓の前でポーズをとる生徒達の様子の写真
PracticeoftheJapaneseDrums(和太鼓の練習)

フレデリックダグラス高校生とのお別れ会の写真
FarewellCeremony at Yamato Nishi H.S(お別れ会)

このように、本校生徒は、学習した外国語を実際に使って、自分の伝えたいことをしっかり伝えることができたという 成功体験と、力不足を痛感するという失敗体験を繰り返すことで、学習意欲を高め、世界を舞台に活躍できる豊かな国際性を着実に身に付けていきます。

 

お問い合わせ先

神奈川県立大和西高等学校
電話:046-276-1155
 

本文ここまで
県の重点施策
  • ヘルスケア・ニューフロンティア
  • 未病の改善
  • さがみロボット産業特区
  • 県西地域活性化プロジェクト
  • かながわスマートエネルギー計画
  • 東京2020オリンピック・パラリンピック競技大会
  • ラグビーワールドカップ2019
  • マグカル
  • ともに生きる