釜利谷高等学校

掲載日:2018年4月2日

釜利谷サポートチームの取組み【神奈川県立釜利谷高等学校】

クリエイティブスクールとは、一人ひとりが多くの可能性を秘めながら、持っている力を必ずしも十分に発揮しきれなかった生徒が、高等学校入学を機に、これまで以上に学習への意欲を高め、基礎学力や社会性を身に付けるとともに、自己の将来を切り開くための新たな仕組みの高等学校です。釜利谷高等学校では、意欲的に学校生活を送ろうとする意志を持った生徒を多方面からバックアップしています。

クリエイティブスクールのイメージ図
クリエイティブスクールのイメージ

 今回は釜利谷サポートチームを紹介します。釜利谷サポートチームは、クリエイティブスクールを引っ張っていくリーダーとして、外部への広報活動や後輩の指導を行うなど様々な場面で活躍しています。メンバーは、平成26年5月現在2、3年生あわせて24名に、新入生の26名を迎えました。

学校説明会

釜利谷サポートチームは、中学校を訪問し学校説明会の案内を届け、学校説明会では、リーフレットの配布や会場への案内、学校生活の紹介、学校施設の案内と説明等をしています。

学校説明会での生徒の発表している写真
学校説明会 

新入生宿泊研修

入学後すぐに、愛川ふれあいの村にて人間関係づくりを効果的に行うプログラムであるSSE(SocialSkillEducation)を取り入れた宿泊研修を行っています。サポートチームは、その研修にスタッフとして参加し、新入生が互いに信頼し合える明るい学校生活を送れるよう、SSEの活動補助を始め、生活全般に関するサポート等を行っています。
宿泊研修での様子の写真
宿泊研修 

防犯教室 -高校生といっしょに社会のルールを学ぼう-

近隣の小学校を訪問し、防犯教室を開催しています。小学2年生の前に立って紙芝居や寸劇を行い、社会のルールを一緒に勉強します。小学校低学年の、小さな子どもたちとのふれあいは、サポートチームの生徒にとっても貴重な体験となっています。 
小学生に紙芝居を読み聞かせている様子の写真
防犯教室

煌めく青春 南関東総体2014の補助役員としての取組み

平成26年8月2日(土曜日)より、横須賀市総合体育会館(横須賀アリーナ)で開催される『煌めく青春 南関東総体2014』(平成26年度全国高等学校総合体育大会)レスリング競技大会に補助役員として参加します。全国から強豪が集まり繰り広げられる熱戦を、少しでもお手伝いできるよう頑張ります。

サポートチームは、このような活動が評価されて平成25年12月に、神奈川県立学校の児童・生徒表彰を受賞しました。
サポートチームのメンバーは、校内・校外での様々な取組みをとおして、人と協力して社会に貢献することの大切さを学んでいます。また、任された役割を果たす責任感を培い、充実した高校生活を送っています。
新しいアイディアを考え、新たなことに挑戦し、それを継続していく。これからもサポートチームはその取組みを広げ、一人ひとりの輝きが学校全体の輝きにつながるよう活動を継続発展していきます。

お問い合わせ先

神奈川県立釜利谷高等学校

電話:045-785-1670

本文ここまで
県の重点施策
  • ヘルスケア・ニューフロンティア
  • 未病の改善
  • さがみロボット産業特区
  • 県西地域活性化プロジェクト
  • かながわスマートエネルギー計画
  • 東京2020オリンピック・パラリンピック競技大会
  • ラグビーワールドカップ2019
  • マグカル
  • ともに生きる