茅ケ崎北陵高等学校

掲載日:2018年4月2日

「確かな学力向上 人づくり」への取組み【神奈川県立茅ケ崎北陵高等学校】

県立茅ケ崎北陵高等学校は全日制普通科の高等学校として、昭和39年4月に第1回の入学生を迎え、平成25年に創立50周年を迎えました。本校では「確かな学力向上 人づくり」の理念のもと、幅広い教養を身に付けたバランスのとれた人物の育成をめざします。

学習

英語教育
平成20年度から22年度に国立教育政策研究所の研究指定校として、外国語(英語)の指導方法の研究に取り組みました。その成果を生かし、現在英語の授業をすべて英語で実施するオール・イングリッシュの授業やグループ学習を取り入れた授業など多様な形態で授業を展開し、実践的な英語力と進学に向けた英語力がともに身に付くよう指導しています。

授業で数人が手を挙げている様子の写真
授業の様子

高大連携
平成22年度から23年度に独立行政法人科学技術振興機構のサイエンス・パートナーシップ・プログラムに参加し、生徒が生物の生きる工夫などについて大学の教授から講義を受け、臨海実習に参加しました。
現在も首都圏の大学との連携のもと、大学からの出張講義を行っていただいています。平成25年度は横浜国立大学、上智大学、芝浦工業大学、北里大学、女子栄養大学など21の大学から講師を招き、教育、外国文学、工学、医療技術、家政学などの講義をしていただきました。生徒からは「視野を広く持つきっかけとなった」等の感想が聞かれ、生徒たちにとってとても有意義な時間となっています。

部活動

生徒の部活動への加入率は9割で、28の部活動・同好会があります。生徒は、部活動をとおして「自主性」、「積極性」 を養い、心身ともにたくましく粘り強い人間となっていきます。多くの部がコンクールやコンテストで表彰されたり地区予選を突破して上位の大会に出場するなどの実績を残しています。

平成25年度の記録

男子ソフトテニス部 全国大会出場

女子卓球部 関東大会出場

棋道部 関東大会出場

物理部 中高校生ソフトウェアアイデアコンテスト・グランプリ受賞

様々な部が一箇所に集まって集合している写真
部活動集合写真

学校行事

様々な経験をとおし、「自主性」、「協調性」、「リーダーシップ」の育成をめざします。どの学校行事も活発で、生徒たちの手で自主的に作り上げてきた伝統あるものとなっています。9月には体育祭を実施しますが、生徒たちは、先輩からの伝統を引き継ぎ、すばらしい体育祭にしようと頑張っています。 

体育祭での様子の写真
体育祭の様子

平成26年度は、国立教育政策研究所から、教科「情報」について教育課程研究指定校の指定を受け、問題解決型協働学習に関する研究に取り組んでいます。生徒の多様な学びを追求しながら、これからも「確かな学力向上 人づくり」の取組みを進めていきます。

お問い合わせ先

神奈川県立茅ケ崎北陵高等学校

電話:0467-51-0311

本文ここまで
県の重点施策
  • ヘルスケア・ニューフロンティア
  • 未病の改善
  • さがみロボット産業特区
  • 県西地域活性化プロジェクト
  • かながわスマートエネルギー計画
  • 東京2020オリンピック・パラリンピック競技大会
  • ラグビーワールドカップ2019
  • マグカル
  • ともに生きる