横浜清陵総合高等学校

掲載日:2018年4月2日

清陵の学びの集大成である特色科目発表会について【神奈川県立横浜清陵総合高等学校】

特色科目発表会について

県立横浜清陵総合高等学校では、「特色科目」と呼ぶ4つの科目「産業社会と人間」「コミュニケーション」(1年次)「視点」(2年次)「探求」(3年次)があります。各科目ごとの代表者による発表会を、毎年3月に校外の会場で開催しています。3年間の生徒の成長のストーリーでもある「特色科目」での学びによって、生徒一人ひとりに創造性や問題解決能力を身に付けていく時代のニーズに応えた教育を実践していきます。今回はその発表会の内容を紹介します。

特色科目発表会の当日の様子

平成25年度は、3月20日(木曜日)に横浜市磯子公会堂で特色科目発表会を開催しました。

ポスター 写真
生徒が作成したポスター

第1部では、「産業社会と人間」「コミュニケーション」について代表者が発表しました。また、「コミュニケーション」「視点」について生徒による科目紹介が行われました。第2部では「探求」について代表者が発表を行いました。


1 「産業社会と人間」 (1年次)
1年間の学習を振り返り、各クラスの代表グループが、事業所の見学や様々な分野で活躍する人の話を聞いたことをもとに仕事や社会で求められていることについて発表を行いました。

産業と社会 発表の様子 写真産業と社会の発表 の様子 写真2
「産業社会と人間」発表の様子


2 「コミュニケーション」・「視点」 (1年次・2年次)
寸劇を用いるといった工夫をこらした科目紹介が行われました。
また「コミュニケーション」の発表では、養護教諭やタレント、声優等興味のある社会人に自分でアポイントメントを取って行ったインタビュー実習での体験で得たことについて代表者5名が原稿なしで自分の言葉で表現しました。

寸劇の様子インタビュー報告の様子
寸劇の様子 インタビュー報告の様子

3 「探求」 (3年次)
「探求」は特色科目の集大成でもあり、これまでに身に付けたスキルを生かし研究活動をします。代表者4名により以下の発表が行われました。1、2年次生は3年次生の発表を真剣に聞くことで、次へのステップをつなげていきます。

テーマ 発表内容
昔話の存在意義について 日本だけではなく世界中の昔話から読み取った昔話の存在意義
福島第一原発20キロ圏内の動物について 今日ではマスコミが取り上げることも少なく忘れられている動物たちの現状
世界かわいい革命について 自らデザインし制作した浴衣の衣装を着て、若者や海外で支持されている「原宿系ファッション」や「かわいい」文化の意味を探る
児童文学の裏側について 児童文学の中に潜む隠されたテーマの考察及び自らの旅行の体験から隠しテーマを設定して制作した絵本の紹介

世界かわいい革命 発表の様子児童文学の裏側 発表の様子
「世界かわいい革命」発表の様子 「児童文学の裏側」発表の様子


いずれの発表も生徒一人ひとりが自らの個性を存分に発揮し、3年間の成長が感じられる素晴らしいものとなりました。これからも「特色科目」を通じて生徒一人ひとりが社会で活躍する夢を持ち、その夢に向かってチャレンジすることができる力を育んでいきたいと考えています。

 

お問い合わせ先

神奈川県立横浜清陵総合高等学校
電話:045-242-1926

本文ここまで
県の重点施策
  • 未病の改善
  • ヘルスケア・ニューフロンティア
  • さがみロボット産業特区
  • 県西地域活性化プロジェクト
  • かながわスマートエネルギー計画
  • 東京2020オリンピック・パラリンピック競技大会
  • 神奈川県発、アート・カルチャーメディア「マグカル」
  • ともに生きる社会かながわ憲章
  • SDGs未来都市 神奈川県 SDGs FutureCity Kanagawa