横浜旭陵高等学校

掲載日:2018年4月2日

「県立3校JointConcert」吹奏楽部のチャレンジ!【神奈川県立横浜旭陵高等学校】

学校紹介

県立横浜旭陵高校は、平成29年度より、これまでの生徒自らが時間割を組み立てるタイプから、年次ごとのまなびが中心となる年次進行型の単位制普通科となりました。

本校の教育目標は「人と社会と未来につながる力」の育成です。授業やホームルーム活動、課外活動はもちろん、部活動も頑張っています。その中でも吹奏楽部は「絆」を部のスローガンに、学校行事や地域のイベントへの積極的な参加、そして吹奏楽コンクールへ8年ぶりに挑戦するなど、1年を通じて人と社会とつながる活動をしています。

「県立3校JointConcert」(平成30年3月28日開催)へ向けて

本校吹奏楽部は、例年数名の部員で活動をしてきました。主な活動は、学校行事と地域のイベントへの参加です。これまでの部員たちは、「昨年度も参加をしたから今年度もそのイベントに参加をする」といった様子で、目の前に用意されたものだけを努力する様子でした。

しかし、今年度は顧問と部員たちが「この演奏はうまくいったかな」「聴いていただく方に感動をしてもらうには何が必要だろう」など、「なぜ、私たちは吹奏楽という音楽活動をしているのだろうか」という意味を一つひとつ真剣に考えながら、更なる向上を目指してきました。それは、1年間の集大成となる定期演奏会をどのように開催するかを一から考えるところから始まりました。

定期演奏会の開催の是非について

吹奏楽部の定期演奏会は、本校創立時より行ってきており、昨年度で12回を迎えました。とても少ない部員であったとしても、定期演奏会だけは開催するというのが一つの伝統になっています。

今回、話に取り上げたのは、「本当に定期演奏会を開催するのか」という根本的な問いでした。例年、演奏会をするのはよいが、広報活動をしていないため、来場者は数十名という少なさで、演奏会を開催することができてよかったということだけで終わっていました。そこで、本当にそれでよいのかということをじっくり話し合いました。そして「もっと来場者を増やし、感動をしてもらえるような、感謝を込めた演奏会にしたい」という結論に至り、あわせて「本校と同じように、部員が少なくて大きな活動の輪を作れていない学校が他にもあるため、合同演奏という形で開催したい」と提案がなされました。

満場一致で合同演奏での定期演奏会開催が決定した瞬間です。

合同演奏会のための調整

今回、演奏会に参加する他2校と客演との代表者会議を3度にわたり開催をしました。

本校と同じ横浜市旭区にある県立旭高校は、本校からも比較的に近い場所にあるため、合同練習会への参加はしやすく、すぐに調整がつきました。難しかったのは、横浜市港南区にある県立横浜明朋高校との調整です。横浜明朋高校は昼間定時制高校で、定時制・通信制高校の大会や発表会への参加が主体です。全日制高校との交流が非常に少なく、演奏会本番までの調整が非常に難しかったのですが、お互いに負担になってしまうことがないようにと話し合いを重ね、本番に向けて取り組んでいくことが決まりました。

合同練習会

最初の全体顔合わせの日は、お互いに緊張した面持ちでなかなか打ち解けられませんでした。けれども、合奏練習になったとき、演奏会を成功させたいという一つの大きな目標に向けて、みんなで頑張ろうと一人ひとりが決意をした途端、初心者ばかりのメンバーですが、互いに楽譜の教え合いを始めるようになりました。

そして、2月中旬に行われた5回目の合同練習会までには、すっかり打ち解けて、演奏会で演奏する曲の取り組み方などについても意見が飛び交うようになり、練習会が活気を帯びだしてきました。

合同練習に向けての集合写真合同練習の写真

合同演奏会に向けて 合同練習(練習風景)

 

「県立3校JointConcert」のご案内

【日時】 平成30年3月28日水曜日 17時30分開場 18時開演

【会場】 横浜市旭公会堂(横浜市旭区総合庁舎4階)
横浜市旭区鶴ヶ峰1-4-12
相鉄線鶴ヶ峰駅徒歩7分入場無料

【演奏】 横浜旭陵高等学校吹奏楽部
旭高等学校吹奏楽部
横浜明朋高等学校吹奏楽部

【曲目】

  • いち部高校生ステージ

「マナティーリリック序曲」 作曲:R.シェルドン他

  • に部スペシャルステージ(客演を迎え)

「祈りと誇り、そして明日へと受け継がれてゆくもの」 作曲:内藤淳一

「ヒットソングメドレー」 編曲:角田義彦他

来場していただいたすべての方に演奏会のテーマである“Love&Peace”を感謝の気持ちを込めつつ演奏いたします。是非私たちの演奏をお聴きください。

【県立3校JointConcertについての問い合わせ先】吹奏楽部顧問 角田義彦 電話045-953-1004

 

お問い合わせ先

神奈川県立横浜旭陵高等学校
電話:045-953-1004

本文ここまで
県の重点施策
  • ヘルスケア・ニューフロンティア
  • 未病の改善
  • さがみロボット産業特区
  • 県西地域活性化プロジェクト
  • かながわスマートエネルギー計画
  • 東京2020オリンピック・パラリンピック競技大会
  • ラグビーワールドカップ2019