新羽高等学校

掲載日:2018年4月2日

新羽高等学校におけるスポーツを通した地域交流の取組【神奈川県立新羽高等学校】

学校紹介

新羽高校は、昭和52年(1977年)に第1期生が入学してから今年で41年目を迎える普通科の高等学校です。各学年10クラス、全学年あわせると全体で30クラスの県内最大規模の県立高校です。

今回は、「明るく、さわやかで健康的な学校づくり」「地域との交流」をねらいとして取り組んでいる、地域の小学生を対象とした「小学生スポーツ体験教室」を紹介します。

「小学生スポーツ体験教室」の取組について

平成29年7月25日に実施した「小学生スポーツ体験教室」は、今年で4回目を迎えました。

「スポーツを通して、小学生と高校生が交流」するこの取組は、本校生徒がコーチとなって小学生を指導したり、一緒に競技をしたりして交流を深めます。

当日は、地域の小学生約100名がバスケットボール、サッカー、テニス、バレーボール、野球、陸上競技、バドミントン、柔道、剣道の9部活動に参加して、本校生徒と一緒に汗を流しました。

全体で集まって準備体操を行い、各部のキャプテンが参加した小学生を連れて活動場所に移動し、ルール説明をした後、実際に一緒に競技をして交流しました。

「コーチ」として始めのうちはぎこちなかった生徒たちも、真剣に取り組む小学生に負けないように一生懸命に指導し、徐々に緊張がほぐれて、小学生と楽しく交流することができました。

各部活コーチを紹介している写真準備体操をしている写真

各部活「コーチ」の紹介 みんなで準備体操

【参加者の声】

「楽しい!高校生が色々教えてくれて嬉しい!」(小学6年生女子)

「高校生と触れ合うことはとても勉強になるし、地域の取組としてもとても良いことだと思う。是非、今後も続けてほしい」(小学生の保護者)

「教えることがこんなに難しいとは思わなかった。自分の話を真剣に聞いてくれる姿を見て、うれしかったし、勉強にもなった」(本校生徒)

バトミントンを教えている写真剣道を教えている写真

熱心な指導(バドミントン) どちらも真剣(剣道)

小学生と高校生が一緒にプレー!

バスケットボールの写真陸上競技の写真

バスケットボールの様子 陸上競技の様子 

サッカーの写真

サッカーの様子

取組を通して

小学生との交流は、生徒たちにとってとてもよい体験になっています。スポーツを通して小学生と高校生が一緒に活動するこの「スポーツ体験教室」は、小学生から中学生、そして高校生、さらには生涯スポーツへつながる機会として、これからも続けていきたいと考えています。

また、より多くの小学生にスポーツの面白さや楽しさを知り、成功体験を感じてほしいと思うとともに、高校生も地域の小学生と交流することにより、自己肯定感、他者を思いやる心、地域に貢献する心が育ってほしいと考えます。

お問い合わせ先

神奈川県立新羽高等学校
電話:045-543-8631

本文ここまで
県の重点施策
  • ヘルスケア・ニューフロンティア
  • 未病の改善
  • さがみロボット産業特区
  • 県西地域活性化プロジェクト
  • かながわスマートエネルギー計画
  • 東京2020オリンピック・パラリンピック競技大会
  • ラグビーワールドカップ2019