平塚ろう学校

掲載日:2020年4月27日

平塚ろう学校における部活動の取組【神奈川県立平塚ろう学校】

1 学校紹介

 本校は、幼稚部、小学部、中学部、高等部(本科普通科・職業科、専攻科)があり、約100名の幼児、児童、生徒が在籍しています。県立学校では県内唯一の「ろう学校」です。
 今年度は創設95周年を迎えます。大正14年に私立中郡ろう話学校として設立され、昭和8年に県立盲唖(もうあ)学校と改称し、昭和23年に現在の名称となりました。
 昭和20年代後半には、関東地区ろう学校野球大会をはじめ、排球(はいきゅう)大会(バレーボール:当時の大会名で使われていました。)等が行われ、現在に至るまで本校も参加しています。他にも、中体連・高体連・高野連等の大会にも参加しています。
 現在、運動部は、野球部、バレーボール部、卓球部、陸上同好会、また文化部は、美術部、レクリエーション部があります。
 中学部・高等部の生徒たちは、部活動を通して、仲間や大会等の相手との関わりの中で公共心や協調性、思いやりの心をもって成長しようと、日々切磋琢磨しています。

2 部活紹介(※昨年度夏~秋にかけて行われた部活紹介です)

【バレーボール部】

平塚ろう01

 夏の関東聾(ろう)学校バレーボール大会。優勝を目指して部員の仲間意識が高まりました。惜しくも準優勝になりましたが、「来年は優勝する」とポジティブな姿勢で練習に励んでいます。

【卓球部】

平塚ろう02

 地元「ひらつかサンライフアリーナ」で開催した関東聾学校卓球大会。地元開催に「がんばります!」と気合の入った選手たち。男子は団体優勝、女子は団体準優勝という結果を修め、力を遺憾なく発揮しました。

【陸上同好会】

平塚ろう03

 全国聾学校陸上競技大会に参加した生徒は、野球部と2足のわらじを履きながら、「走ることが好きなんです」と爽やかな風を吹かせました。

【野球部】

平塚ろう04

 負けるくやしさを味わい続けてきたナイン。関東聾学校野球大会では、「この大会で引退する先輩のために」と燃え、1勝の喜びを噛みしめることができました。

【美術部】

平塚ろう05

 絵を描くことが好きな部員たち。デザインした卓球部の大会ロゴが、プログラムやTシャツに施され、素直に「うれしい~!」と喜びの声を上げました。画像の絵は、秋の大運動会で活躍した大作です。

【レクリエーション部】

平塚ろう06

 軽スポーツや室内レク、そしてお楽しみの調理など、様々な活動を通して、部員同士のコミュニケーションを楽しんだり腕を磨いたりしています。完成した焼きそばに「おいしい!」と舌鼓を打ちました。

3 結びに

 生徒たちは、地域の学校との合同練習をし、行動を共にすることを通じて、お互いに積極的に声を掛け合ったり、冗談を言ったりして絆を深めていました。また、お互いが切磋琢磨をして活動することで、技術面だけでなく、礼儀の面でも良い影響を受けました。
 今後も、精神面・体力面・礼儀等の一層の向上を目指すとともに、生徒一人ひとりが活躍する場面を増やしていきたいと思います。

 

問い合わせ

神奈川県立平塚ろう学校
電話:0463-32-0129
(掲載内容は掲載日現在のものです。最新の情報は各県立学校のホームページでご確認ください。)

本文ここまで
県の重点施策
  • 未病の改善
  • ヘルスケア・ニューフロンティア
  • さがみロボット産業特区
  • 県西地域活性化プロジェクト
  • かながわスマートエネルギー計画
  • 東京2020オリンピック・パラリンピック競技大会
  • 神奈川県発、アート・カルチャーメディア「マグカル」
  • ともに生きる社会かながわ憲章
  • SDGs未来都市 神奈川県 SDGs FutureCity Kanagawa