平塚商業高等学校

掲載日:2019年12月25日

商業高校の絆、SDGs「高校生 東北商店街II」の開催
【神奈川県立平塚商業高等学校】

1 はじめに

 本校(全日制)は、湘南地域の平塚市に位置する創立58年の商業の専門高校です。平成25年度から総合ビジネス科に学科改編をして、専門的な教育を推進しています。「県立高校改革実施計画」における平塚農業高校と本校(全日制)との再編・統合により、令和2年度4月に「平塚農商高校」として開校します。現在、平塚農業高校の敷地内に新校舎を建設中です。

 今回は、本校を含む神奈川県の商業高校で企画した取組「高校生 東北商店街II」について紹介します。

2 「高校生 東北商店街」について

 この取組は、商業を学ぶ神奈川と東北の高校生が、被災時に相互貢献と交流を継続させることを目的とし、企画されました。平成23年7月、神奈川県内の商業高校が東北の商業高校8校を招き、東日本大震災の復興支援として横浜駅・平塚駅周辺で「高校生 東北商店街」を開催したのが始まりです。

 それから8年が経過し、今回、「高校生 東北商店街」を次の世代にも継続発展させたいとの思いから、台風被害復興支援「高校生 東北商店街II」として、県内商業関連高校9校と東北6県の商業高校6校による第2回目が開催されました。前回参加者と今回参加者の縦の関係を作り、神奈川と東北の横の関係を継続させることにより、平時には交流により双方を発展させ、被災時には被災側への支援を行うことを目的としています。また、SDGsなど持続可能な社会が求められる中で、「商業高校」という特色を生かした神奈川での教育活動を、双方の関係を深めながら発展させていくことも目的の一つです。

※SDGs(Sustainable Development Goals「持続可能な開発目標」)
2015年9月の国連サミットで採択された。貧困、飢餓、教育など17のゴールに関して、国連加盟国が2016年から2030年の間で達成するために掲げた国際目標。

SDGz画像
 

3 「高校生 東北商店街II」の実施

 令和元年11月16日(土曜日)10時~16時、JR横浜駅(横浜駅西口相鉄口正面・高島屋横スペース)にて、東北6県の商業高校生6校14名と、神奈川県内商業関連高校生9校34名の、合計48名の生徒が協同して次の取組を行いました。

【参加高校(順不同)】
神奈川県立 相原高等学校   青森県立 八戸商業高等学校
神奈川県立 厚木商業高等学校 岩手県立 宮古商業高等学校
神奈川県立 小田原東高等学校 宮 城 県  石巻商業高等学校
神奈川県立 商工高等学校         秋田市立 秋田商業高等学校
神奈川県立 平塚商業高等学校 山形県立 米沢商業高等学校
横浜市立    横浜商業高等学校 福島県立 郡山商業高等学校
横浜市立    横浜総合高等学校
川崎市立    幸高等学校
私立          藤沢翔陵高等学校

・東北と神奈川の物産販売(商業高校生の企画開発商品や東北の名産)
 東北側は、りんごジュース・タルト・チョコ・缶詰・どらやき・せんべいなどの名産や開発商品を販売し、神奈川側はドレッシング・飴・チョコブラウニーなど、高校生の開発商品を販売しました。商品のPRや販売などを通じたお客様とのふれあいは、生徒たちの喜びとなりました。

・観光紹介・ステージ進行・募金・生徒の交流
 それぞれの高校の生徒たちが協力し、盛況に行われました。他校の生徒たちとの交流を楽しむことは、本校生徒たちの今後の糧となりました。
平塚商業02
平塚商業03平塚商業04

4 むすび

 当日は天候に恵まれ、また横浜駅前という立地の良さもあり、多くの来場者で賑いました。東北6県の6校と、神奈川の9校の生徒の交流は、協同での物産販売や観光紹介をする中で強い絆となりました。この絆は今後の被災時貢献や、日頃の交流に反映されていくものとなります。また、商業を学ぶ高校生の特色を生かした社会貢献活動は、広く全国に波及する内容として評価されています。募金も15万円以上が集まり、今秋の台風被災地に送られます。ご協力に感謝申し上げます。

 また、商業高校では高校生が、各種の商品開発を行い、学校やイベント等で販売実習も行っています。機会がありましたら、高校生の開発した商品を是非お手に取ってごらんください。今後も神奈川の商業高校生をよろしくお願いします。

●平塚商業高校での開発商品の一部
https://hiratsuka-ch.pen-kanagawa.ed.jp/zen/syogyo/syohin/index.html
※他の商業高校での開発商品も多数あります。

平塚商業05

【「東北へ応援のメッセージ」の抜粋】

  • 日本全国が一緒に力を合わせて頑張りましょう!!ONE TEAM!!
  • 遠いところから応援しています。がんばるぞ!東北!!
  • がんばれ東北
  • 私たちに協力できることをこつこつと!
  • 大好きな東北 何回も旅します がんばれ!
  • 一日でもはやい復興を関東から応援しています!
  • 復興が一日でも早く進み 元の風景が戻りますように

【ご協力いただいた方々(敬称略・順不同)】
横浜市教育委員会、全国商業高等学校協会、神奈川県商業教育研究会、神奈川県商業教育振興会、神奈川県商業教育振興会専門学校部会、大原簿記情報ビジネス専門学校横浜校、横浜システム工学院専門学校、横浜ファッションデザイン専門学校、横浜丸中青果株式会社、株式会社フリーデン、株式会社トキワヤ、株式会社ありあけ、学校法人岩崎学園、武井明美、平商鉄板Project


神奈川県立平塚商業高等学校
電話:0463-31-2385
(掲載内容は掲載日現在のものです。最新の情報は各県立学校のホームページでご確認ください。)

本文ここまで
県の重点施策
  • 未病の改善
  • ヘルスケア・ニューフロンティア
  • さがみロボット産業特区
  • 県西地域活性化プロジェクト
  • かながわスマートエネルギー計画
  • 東京2020オリンピック・パラリンピック競技大会
  • 神奈川県発、アート・カルチャーメディア「マグカル」
  • ともに生きる社会かながわ憲章
  • SDGs未来都市 神奈川県 SDGs FutureCity Kanagawa