平塚養護学校

掲載日:2020年2月25日

地域開拓~地域を第2の教室にさせてください!~【神奈川県立平塚養護学校】

1 はじめに

 本校は肢体不自由教育部門と知的障害教育部門があり、小学部から高等部までの児童・生徒199名が在籍しています(令和2年2月1日現在)。富士山を校舎から毎日眺めることができ、学校周辺も豊かな自然に囲まれた環境で児童・生徒はのびのびと日々の活動に取り組んでいます。

2 地域との連携をめざして~ひらよう地域の活動デー・地域の活動月間~

 今年度から今まで以上に校外での活動を活発にしていくことを目的として、学校で「地域開拓班」を立ち上げました。また、本校の教育課程再編プロジェクトの中にある「地域との連携」について検討する分科会とも連携しながら、地域活動について推進しています。
 本校の児童・生徒が地域と関わる活動に取り組む機会を設け、令和元年10月3日木曜日に「ひらよう地域の活動デー」、12月を「ひらよう地域の活動月間」としました。こうした活動デーや活動月間に、各学部で児童生徒の実態に合わせた地域での活動を実施しました。今年度初めての取組でしたが次年度以降も継続して実施していく予定です。

  • 地域活動の様子 一例

【小学部A部門~地域の方々と体育館にて交流会~】
平塚養護01

【高等部A部門 ~地域の方々と茶道体験~】
平塚養護02

【高等部B部門 ~様々な場所へ行って車清掃などの活動をしました~】
平塚養護03

【児童・生徒が作った「くりまさり」が給食に出ました!】

  • 地域との関わり ~幻の薩摩芋「くりまさり」~

 「栗に勝る」おいしさが名前の由来。農家が少なく市場にもほとんど出回らない希少さゆえに、「幻のさつまいも」と言われています。
 今年度、地域のさつまいも農家の方からこの苗を分けていただき、各学部で育て収穫したものを給食で食べました。
平塚養護04
平塚養護05

3 さいごに

 地域活動についての詳細は、本校のホームページで公開しています。ぜひご覧ください。
 今年度の地域活動を振り返り、次年度以降はより児童生徒にとって充実した活動の実現に向けて取り組んでいきます。

 

問い合わせ

神奈川県立平塚養護学校
電話:0463-58-0456
(掲載内容は掲載日現在のものです。最新の情報は各県立学校のホームページでご確認ください。)

 

本文ここまで
県の重点施策
  • 未病の改善
  • ヘルスケア・ニューフロンティア
  • さがみロボット産業特区
  • 県西地域活性化プロジェクト
  • かながわスマートエネルギー計画
  • 東京2020オリンピック・パラリンピック競技大会
  • 神奈川県発、アート・カルチャーメディア「マグカル」
  • ともに生きる社会かながわ憲章
  • SDGs未来都市 神奈川県 SDGs FutureCity Kanagawa