横浜立野高等学校

掲載日:2018年5月28日

地域の小学生との交流を通して【神奈川県立横浜立野高等学校】

1学校紹介

 横浜立野高校は、前身は昭和11年(1936年)開校の神奈川県立横浜第二高等女学校で、昭和25年(1950年)に男女共学の神奈川県立横浜立野高等学校となりました。80年以上の歴史を持つ高校です。

 校舎は平成26年4月から今の新しい校舎となりました。ガラスを多用した構造で、人も校舎もとても明るく穏やかな雰囲気が特徴です。日常生活では、生徒たちは学習活動は当然のこと、部活動や行事等にも真剣に取り組み、忙しいながらも充実した学校生活を過ごしています。このような学校生活の中で、生徒たちは主体的に考え、表現し、行動することを3年間かけて体験し、学び、成長していきます。

2間門小学校との「アイサツタイム」

 平成30年4月11日、横浜市立間門(まかど)小学校の校門や通学路で、横浜立野高校の生徒たち約70名による平成30年度第1回「アイサツタイム」の交流活動が行われました。この交流には両校の教職員や、地元の山手警察署の方も参加しています。

 「アイサツタイム」とは、横浜立野高校と間門小学校の交流活動の1つです。横浜立野高校は校舎改築のため、いったん他の場所に移動しました。その後、新校舎完成後この地に戻ってきた平成26年度から、毎月1回、近隣にある間門小学校と、「アイサツタイム」を行っています。

 これは、生徒会の生徒や部活動の生徒が中心となり、朝、間門小学校の児童手作りのボードを持って元気に挨拶の登校時間に合わせ、間門小学校の校門や通学路に多くの高校生が並び、小学生に「おはようございます。」「今日も頑張ろうね!」などの挨拶をする活動です。小学生も「おはようございます!」「ありがとうございます。」と挨拶をし、コミュニケーションが生まれています。高校生も笑顔、小学生も笑顔の、とても気持ちのいい交流が続いています。また、学期に1回帰りの時間の「アイサツタイム」も行っています。

                      

 

 

                                    手作りのボードを持って元気に挨拶

 

3「アイサツタイム」のきっかけ

 この交流のきっかけは、当時、他県で小学生の登下校時の安全が脅かされるという悲しい事案が起きたことです。横浜立野高校の生徒会で、「この横浜の地域の子供たちに対して、自分たちが何かできないだろうか。」と話し合い、この活動を思いつきました。高校生である自分たちが地元の小学生を見守ることで、地域の安全につながるのではないかと考えたのです。この生徒会の発案を横浜立野高校と間門小学校で相談し、今のスタイルが定着していきました。このように生徒たちは、主体的に考え、表現し、行動に移していきました。

 

4交流を通して

通学路に並びます

 高校生はこの「アイサツタイム」の活動を通していろいろな感想を持っています。「自分たちが頼りにされていることを感じた。」「小学生と顔を合わせるのがうれしい。」「自分も子供たちの役に立つことができた。」「自分の小さい時を思い出した。高校生はすごく大人に見えた気がする。」「小学生が素直に返事してくれてうれしかった。」などです。小学生と接することで、自信や自己肯定感を持つことができ、自分の成長を感じる機会となっていることが伝わってきます。

 小学生にとっては、身近なお兄さん、お姉さんから挨拶をされ、挨拶の大切さを学び、周りの高校生や大人たちに見守られていることを実感できる機会となっているそうです。

    

                                                   

 

                                                                        

                                                通学路に並びます

 

5地域の中で

 この活動を通して、横浜立野高校は小学生から愛される、頼りにされる高校となっています。今年度から、横浜立野高校は学校運営協議会を設置します。地域とのつながりが更に強くなっていきます。今後も、「アイサツタイム」をはじめ、間門小学校との交流を丁寧に末永く続けるとともに、地域の中で愛される、頼りにされる高校であり続けたいと思っています。

高校生とハイタッチ部活の朝練後にも参加します

 

 

 

 

 

 

 

                                                 

         高校生とハイタッチ!                    部活の朝練後にも参加します

 

 

お問い合わせ先

神奈川県立横浜立野高等学校
電話:045-621-0261

本文ここまで
県の重点施策
  • ヘルスケア・ニューフロンティア
  • 未病の改善
  • さがみロボット産業特区
  • 県西地域活性化プロジェクト
  • かながわスマートエネルギー計画
  • 東京2020オリンピック・パラリンピック競技大会
  • ラグビーワールドカップ2019