神奈川県の教育振興基本計画

掲載日:2017年11月29日

 神奈川県では、国の教育振興基本計画を参酌し、本県の教育の総合的な指針となる「かながわ教育ビジョンと、本県の総合計画である「かながわグランドデザイン」の実施計画に位置付けた教育施策とを併せて、本県の教育振興基本計画としています。

神奈川県の教育振興基本計画の構造 

 プロジェクト:「いのち」と「マグネット」の視点から、先進性や発展性を持った県の重点政策を分野横断的にまとめたもの

「かながわ教育ビジョン」はこちらから「かながわグランドデザイン(教育関係抜粋)」はこちらから

 「かながわ教育ビジョン」のページはこちら 
 「かながわグランドデザイン(教育関係抜粋)」のページはこちら

「かながわ教育ビジョン」とは

 神奈川県教育委員会では、県民の皆様との教育論議の成果である「かながわの教育ビジョンに関する提言」とともに、その後も教育論議を深めながら、本県の教育の総合的な指針となる「かながわ教育ビジョン(以下、「教育ビジョン」という)を平成19年8月に策定しました。

 この教育ビジョンは、これまでの本県教育の根幹を成す「ふれあい教育」の理念を継承しつつ、これからの時代に対応できる新たな理念を示した本県の教育推進の総合的な指針であり、市町村等をはじめ、すべての県民との共感と共有、協働と連携により、一体となった施策を展開していくものです。

 また、県の総合計画(かながわグランドデザイン)における教育分野の個別計画(指針)として、基本理念、人づくりの視点、施策展開の方向性を示しており、具体的な施策・事業は、総合計画の実施計画に位置付けています。

◆ 基本理念

 「未来を拓く・創る・生きる 人間力あふれる かながわの人づくり」

◆ 教育目標(めざすべき人間力像)

 子どもから大人まで、すべての人が身に付けていきたい「人間力」の内容を、「めざすべき人間力像」に整理を行い、自己肯定感を基盤とした「思いやる力」「たくましく生きる力」、「社会とかかわる力」の3つを教育目標として掲げました。

◆ 見すえる期間

 本県の総合計画(基本構想)との整合を図り、概ね20年間。

「かながわグランドデザイン」とは

 本県では、2007(平成19)年に、県政運営の総合的・基本的指針を示す総合計画として、「神奈川力構想」(基本構想・実施計画)を策定しました。

 この「基本構想」の方向性に沿いつつ、2012(平成24)年には、「かながわグランドデザイン」として、2025(平成37)年を展望して神奈川の将来像や政策の基本方向を示した「かながわグランドデザイン 基本構想」と、基本構想の実現に向け、県の重点政策を横断的にまとめた27のプロジェクトを中心に、2012(平成24)年度から2014(平成26)年度までの取組みなどを示した「かながわグランドデザイン 実施計画」を策定しました。

 2015(平成27)年には、「かながわグランドデザイン 基本構想」で掲げた基本理念や将来像の実現に向け、県の重点政策を横断的にまとめた23のプロジェクトを中心に2015(平成27)年度から2018(平成30)年度までの取り組みなどを示した「かながわグランドデザイン 第2期実施計画」を策定しました。

進行管理

教育振興基本計画に位置づけられた教育施策の進行管理については、かながわグランドデザイン実施計画の進行管理として行うほか、「地方教育行政の組織及び運営に関する法律」に従い、毎年度実施する「教育委員会の点検・評価」において行っています。