平成30年度教育委員会委員の活動

掲載日:2020年9月10日

神奈川県教育委員会委員の活動

教育委員会委員は、教育委員会会議での審議のほか、教育に関わる各種会議・行事への出席や施設訪問等を行い、教育現場の抱える課題等の現状を把握し、政策形成に生かすよう努めています。
 

厚木市立毛利台小学校への施設訪問

2月19日、インクルーシブ教育推進モデル校の指定を受けている厚木市立毛利台小学校を訪問しました。
授業を見学し、教職員とインクルーシブ教育の取組みや課題等について意見交換を行うとともに、給食の時間に児童とランチミーティングを行いました。

H30photo12                       

神奈川県立学校の児童・生徒表彰式(会場:県立総合教育センター)

2月2日、新たな取組みや困難な課題等に果敢にチャレンジしたり、地域・社会等に貢献したなど、他の児童・生徒の模範となる取組みをした、個人又は団体計35組について、表彰を行いました。
 

H30photo6

県立田奈高等学校への施設訪問

1月17日、クリエイティブスクールの取組みを始めてから、平成30年度末で10年になる県立田奈高等学校を訪問しました。
ぴっかりカフェ(居場所カフェ)の取組みを見学し、生徒と意見交換を行うとともに学校の現状や課題等について教職員と意見交換を行いました。

 H30photo10   

県立川崎図書館への施設訪問

12月4日、平成30年5月にKSP(かながわサイエンスパーク)に移転し、再開館した県立川崎図書館を訪問しました。
ものづくり技術を支える情報ライブラリーである川崎図書館の施設見学を行い、現状や課題等について職員と意見交換を行うとともに、若手職員も交えたランチミーティングを行いました。

H30photo11

高校生版教育委員会(会場:県立横浜平沼高等学校)

11月13日、県内高校から選出された高校生委員と教育委員会委員等で県立高校を取り巻く諸課題について、「高校生版教育委員会」の場で、意見交換等を行いました。

H30photo5

神奈川県産業教育フェア(会場:新都市ホール)

11月10日、11日、県内の専門高校(農業、工業、商業、水産、家庭、看護、福祉、総合産業)で学ぶ生徒たちが学習成果を発表するイベントを視察しました。

H30photo4

かながわ人づくりコラボ2018(会場:横浜市西公会堂)

11月3日、かながわ教育ビジョンに基づき、「人づくり」の一層の推進を図る「かながわ人づくりコラボ2018」に教育委員会委員がパネリストとして登壇し、意見交換を行いました。

H30photo3

かながわ教育月間フォーラム(会場:県立弥栄高等学校※)

10月20日、県立弥栄高等学校で開催された「かながわ教育月間フォーラム」に教育委員会委員が出席しました。フォーラムでは、弥栄高等学校の生徒、教員、保護者、近隣住民の方などが、グループごとに地域連携の取組みについて話し合い、発表する様子を視察し、全体の感想を述べました。(※令和2年度から県立相模原弥栄高等学校へ再編・統合)

H30photo2

県立津久井養護学校への施設訪問

9月18日、交流及び共同学習を実施するモデル校の県立津久井養護学校を訪問しました。
同校は、地域の特別支援教育センターとしての支援機能の充実に取り組んでいます。当日は県立相模原高等学校吹奏楽部による交流会の様子を見学するとともに、施設見学、職員との意見交換、知的障害教育部門高等部生徒とのランチミーティングを行いました。

H30photo7   

インクルーシブ教育推進フォーラム(会場:海老名市文化会館ほか)

7月26日ほか1回、共生社会の実現に向け、すべての子どもたちができるだけ共に学び共に育つ「インクルーシブ教育」を推進するためのフォーラムに教育委員会委員が出席し、挨拶しました。

H30photo1
 
本文ここまで
県の重点施策
  • 未病の改善
  • ヘルスケア・ニューフロンティア
  • さがみロボット産業特区
  • 県西地域活性化プロジェクト
  • かながわスマートエネルギー計画
  • 東京2020オリンピック・パラリンピック競技大会
  • 神奈川県発、アート・カルチャーメディア「マグカル」
  • ともに生きる社会かながわ憲章
  • SDGs未来都市 神奈川県 SDGs FutureCity Kanagawa