ロボット体験ブログ 「熱戦 マイクロマウス2015」

掲載日:2018年3月15日

トップページ |  ロボット体験ブログ

ロボットブログバナー


「熱戦 マイクロマウス2015」(2016年1月8日掲載)

東京工芸大学厚木キャンパス

11月20日から22日に東京工芸大学厚木キャンパスで、「マイクロマウス2015」が開催されましたので、大会の様子を紹介します。

 

 
展示中のロボット

「マイクロマウス」とは、自律的に迷路を走行したり白線を追従する小さなロボットで、大会では参加者が自作のロボットの性能を競い合います。
この大会では、ロボットに迷路を通過させ、その知能と速度を競う「マイクロマウス競技」と、定められた周回コースを走行させ、自律操縦の巧みさとスピードを競う「ロボトレース競技」が行われました。

競技会場は広いアリーナで、各種目別の迷路やコースが設置してあり、その周りには観戦者が取り巻いていて、熱気に満ちていました。スタートを待つ参加者は、自分のロボットが無事に走行できるか不安そうですが、ゴールすると観戦者から大きな拍手が湧きます。上手く走れと祈りながらスタートさせ、ゴールするとガッツポーズを見せる参加者もいて、自作ロボットに込める思いが伝わってきました。
高校生の参加者からは、ロボット組立てでのハンダ付けで何度も火傷をしたり、会場の明るさによってセンサー感度の調整が必要となるなど、苦心談を聞かせてもらいました。 

迷路を走行中のマイクロハウスロボットの熱戦の様子

さがみロボット産業特区の中で開催されたこの大会は、ロボット技術を担う優秀な人材が幅広く育っていることを実感させる熱い闘いでした。 (ペンネーム 「キハ58」さん)


このブログに記載される個別の店舗情報や銘柄情報は、特定の商品を推奨したり品質保証をするものではありません。


このページの先頭へもどる