平成30年度中高年ホームファーマー体験研修(第9回 実習6、第10回 講義4)

掲載日:2018年11月7日

第9回研修報告 (9月20日開催)
場所:体験研修農園
<実習6の内容>
ハクサイ、レタスの定植
ダイコン、ホウレンソウの播種(タネまき)

体験研修生が自宅で育てたハクサイとレタスの苗を前に説明する講師

体験研修性が育てた苗

施肥等の播種・定植準備

施肥時の播種・定植準備

ダイコンがまっすぐ生育するための畝作りを実演

畝づくりの実演

ダイコンの播種風景

ダイコンの播種風景

ホウレンソウの播種風景

ダイコンの播種をしている写真

ハクサイ、レタスを定植するためのベッド作りを体験

ベットつくりの風景

体験生全員でハクサイの定植をしているところ

ハクサイの定植

体験生全員でレタスの定植をしているところ

レタスの播種

サツマイモほりを体験

サツマイモの収穫体験

10月下旬順調に育ったブロッコリー、キャベツ、

ダイコン

順調に育つブロッコリー、キャベツ、ダイコン

 

第10回研修報告 (10月4日開催)
場所:厚木合同庁舎
<講義4の内容>
秋冬野菜の肥培管理についてホウレンソウは石灰を多めに、ダイコンは堆肥を施さない。
保温資材の種類と使い方について

<研修風景>

第四回講義風景

 

事務局より

<体験研修の講義および実習を終えて>
体験研修生の皆さんが耕作・定植および播種方法について、学習された経験を発揮され、実り多いホームファーマー体験研修ができたと思います。研修に積極的に取り組んでいただき短時間に多くの作業を協力しあうことができました。
 なお、体験研修生に割り当てた農園は平成31年2月末まで耕作できますので、有効活用して下さい。耕作放棄地を農地に再生させるのは大変な労力と時間が必要な事が理解していただけたと思います。この体験研修を通じて、神奈川県が推進しています中高年ホームファーマー事業である耕作放棄地を活用した農地の保全への取り組みにご協力をお願いします。

『地域農畜産業振興の取組』トップに戻る