旅たび相模スタッフブログ 「自然の中を快走!! 第5回宮ヶ瀬湖24時間リレーマラソン」

掲載日:2018年3月15日

旅たび相模-丹沢・相模 観光ナビ-

トップページ | エリア検索 | カテゴリ検索


自然の中を快走!! 第5回宮ヶ瀬湖24時間リレーマラソン(2014年9月12日掲載)

宮ヶ瀬湖H24リレーマラソン コース表

第5回目を数えるこのマラソン。湖畔園地の周回約1.8kmを走ります。この大会は、宮ヶ瀬ダム完成10周年記念事業としてスタートしました。

 

やはり街中とは違い、秋の訪れを感じさせるように、湖畔園地にはたくさんのトンボがとんでいました。暑さはあったものの、緑の中を吹き抜ける風が心地よい。筆者は日が過ぎるごとに運動から遠ざかっておりますが、こんな緑の中で走れたら‥と思い、ちょっと心動かされてしまいました。

 だんだんスタートが近づくにつれ、会場内の人も増え、盛り上がってきています。開会式では、主催者や来賓方のご挨拶の中で、レースを通して参加者達が絆を深めてほしい旨あいさつがありました。そして今回の大会では、黒岩知事の参加も。

 
マラソン前のストレッチミーヤ君 レース中継の様子

そのあとゲストランナーによる準備体操。知事も念を入れて準備運動されているようです。みやがせミーヤも一緒にストレッチ。 

 ミーヤくんは、ツイッター<https://twitter.com/yamanami_center>でレースの様子を中継してくれました。

 

 
リレーマラソンスタート

そして、気分を盛り上げるかのごとく、スタートを間近に告げるファンファーレ。10時を迎え、いっせいにスタート。

 
知事の快走

スタート後、しばらくして知事の快走を目撃。早い!ゲストランナーとともに、あっという間に通り過ぎていかれました。

 

 
メイン会場の風景

その後、雷雨が発生。ランナー達は大丈夫だろうか‥。筆者は早々に会場を離れてしまいましたが、帰宅後、宮ヶ瀬湖ライブカメラ <http://www.town.kiyokawa.kanagawa.jp/livecamera/index.html>で観戦。いつも以上に湖畔園地がにぎわっていました。

メイン会場の風景です。

 
仮装マラソンをする人たち

リレーマラソンには仮装ランタイムもありました。開始直前に会場でみかけたこんな人たち。

 

さて、当センターからは、例年有志によるチームが参加。知事とともに走ったわれらが県央ランナーズは、「まずまず」の成績を収めてくれました。ぱちぱち(拍手)。

参加した有志たちの感想です。

「雨や暑さに耐え、24時間バトンを回すことは想像以上に過酷でした。特に深夜4時頃の2時間を担当したことは非常に大変でした。疲労が嵩み、足を痛める人も出ましたが、代走を名乗り出る人が出るなど、チーム内で支えあいがありました。他チームにも同様の動きがあったのかと思います。そんな困難を乗り越えたからこそ、終了間際には、走者を労い、ハイタッチを行う人の長い列が自然とできていました。本当に素晴らしい体験でした。(Ymさん)」

「全身の筋肉を酷使したので、2日目は本当に大変でした。ただ朝8時以降は、沿道の人とハイタッチしたり、声援を受けて走ったので、その時だけは体の疲れを忘れ楽しく走れました。また、やまなみセンターのシャワーは掃除の時間を除いて、いつでも使用できたので、割と快適に走れました。(ドライヤーは持参) (Ygさん)」

参加者の皆さん、本当にご苦労様でした。

 

 

同じ湖畔園地では、秋も深まる11月2日に清川やまびこマラソンがありますよ!!http://www.town.kiyokawa.kanagawa.jp/kanko/event/yamabiko.html

(マラソン参加の申し込みは締め切っております)

<第5回宮ヶ瀬湖24Hリレーマラソン ウェブサイト> http://miyagaseko24h.jp/index.shtml

<写真で見る!「黒岩日記」宮ケ瀬湖24時間リレーマラソン> http://www.pref.kanagawa.jp/cnt/chiji/p833155.html

<公益財団法人宮ヶ瀬ダム周辺振興財団ウェブサイト・ぐるり宮ヶ瀬湖> http://www.miyagase.or.jp/


 このブログに記載される個別 の店舗情報や銘柄情報は、特定の商品を推奨したり品質保証をするものではありません。


過去のブログ記事


このページの先頭へもどる