水源地域交流の里づくりの推進について

掲載日:2018年3月14日

概要

県央地域には、県民の貴重な水がめとなっている相模湖、津久井湖、奥相模湖、宮ヶ瀬湖があります。

この水源環境を、県民の財産として、将来にわたって守っていくため、県、市町村、民間等が連携し、自然や郷土文化を活用した都市地域住民との交流事業の実施などによる水源地域の一層の活性化を目指し、相模湖、津久井湖及び奥相模湖エリアでは「水源地域交流の里づくり県北地区推進協議会」を、宮ヶ瀬湖エリアでは「水源地域交流の里づくり県央地区推進協議会」を設置しています。

当センター企画調整課は事務局として普及啓発活動などを主体に取り組んでいます。

水源地域交流の里づくり全体の計画は、

水源地域の情報(観光・イベントなど)は、