旅たび相模スタッフブログ 宮ヶ瀬に自然観察に行く!の巻 & 愛川ソーラーパーク“さんてらすTOBISHIMA”に寄り道

掲載日:2018年3月15日

旅たび相模-丹沢・相模 観光ナビ-

トップページ | エリア検索 | カテゴリ検索


宮ヶ瀬に自然観察に行く!の巻 & 愛川ソーラーパーク“さんてらすTOBISHIMA”に寄り道 (2013年6月21日掲載)

ジャンク市・フリーマーケット

みなさん。宮ヶ瀬といったら何を思い浮かべますか?

宮ヶ瀬ダム、キャンプ、遊覧船、通な人はカヌーという人もいるかもしれません。自然豊かな宮ヶ瀬ならではのものですよね。

この宮ヶ瀬には都市部では見ることのできない生き物をたくさん見ることができます。宮ヶ瀬湖畔園地のイベントで「カジカガエルを見る触る体験」が開催されると聞き、参加しました。

12時半すぎに宮ヶ瀬湖畔園地に着きました。日曜日ということもあり、お客さんがたくさん来ていて、駐車場もかなり混んでいました。

カジカガエルで、こんなに人が来るわけないと思いながら、水の郷商店街を歩いていると、「第1回かながわアマチュア無線フィールドミーティングin宮ヶ瀬湖」が開催されていました。色々な無線機を使ったイベントが実施されており、ジャンク市・フリーマーケットも開催されていました。

真空管ラジオ計測機器

真空管、ラジオや計測機器などが売られていました。

思わぬ人工物にびっくりしましたが、宮ヶ瀬の懐の深さを感じました。

 
沢へ向かって出発

さて、水の郷商店街からけやき広場に向かって、広い階段を降りた所が「カジカガエルを見る触る体験」の集合場所。たくさんの親子連れが集まっていました。

案内していただいたのは、県立宮ヶ瀬やまなみセンターの職員の方と東京農業大学の学生さん。みなさん生き物のことに詳しそう。いいお勉強ができそうです。

さあ出発!ピクニック広場を抜け、左手に大噴水を見ながら及沢ビオトーブに向かって歩いていきます。その間、学生さんからカジカガエルについてクイズ形式で色々と教えていただきました。

沢の流れの速い所にある石などに隠れていることや、声に特徴があり、とてもきれいな声で鳴くことなど、話を聞いているうちに、早く見たくなりました。

 
沢

及沢ビオトープを抜け、県道の橋をくぐり歩いていくと、きれいな沢に着きました。

 
観察風景

ここで、みなさん濡れてもいい格好になり観察開始です。

 
卵

さっそく卵発見

 
カジカガエル

カジカガエルです。(※画像をクリックすると動画が再生されます)

 
カニ・ヤゴ

カニやヤゴもいました。

 
カジカガエルたち

本日の成果です。このほかにも、いくつかの容器にカエルたちがいました。

 
カエルにマーキング

このあと、みんなでカエルにマーキング(足輪を付ける)をしました。県立宮ヶ瀬やまなみセンターでは、宮ヶ瀬のカジカガエルをはじめとする生き物の生態調査をしているそうで、カジカガエルの場合マーキングをすることでその分布などを調査しているそうです。

「うちに持ってカエル」といって聞かない子どもたちもいましたが、自分の名前などを書いた足輪を1人1匹ずつ付けた後、沢に返して解散となりました。

※初心者が足に足輪を付けるのは難しいため、足輪を赤い紐で軽く結わえてあります。後で係りの人が紐をはずし、足輪を付け直すそうです。

公益財団法人宮ヶ瀬ダム周辺振興財団では、年間を通じてさまざまな自然観察会を開催しています。ぜひ足を運んでみたらいかがでしょうか。

今年の夏は、こちらが予定されているそうです。

「樹液に集まる昆虫を見る・触る体験」 7月21日 日曜日 午後1時から3時 開催場所:宮ヶ瀬湖畔園地(及沢自然地)

「水生生き物探し&清流水遊び体験」 8月18日 日曜日 午後1時から3時 開催場所:宮ヶ瀬湖畔園地(及沢清流)

<問い合わせ> 公益財団法人宮ヶ瀬ダム周辺振興財団 電話 046-288-3600

 
おたまじゃくし

(追記)2週間後の昼下がりにまた訪ねてみました。先日卵塊を発見したところを覗いてみると、おたまじゃくしが!(※画像をクリックすると動画が再生されます)

 
手の上のおたまじゃくし

手のひらにのせてみました。かわいいですね。下がおたまじゃくしです。

 
カジカガエルの鳴き声

この日は、カジガガエルを発見することはできませんでしたが、遠くの方から、カジカガエルの鳴き声が。上品な鳴き声ですね(左のSTARTボタンを押してください、声が聞けます)。

宮ヶ瀬に来て、この鳴き声を聞いたら、ぜひカジカガエルを思い出してくださいね。 

 

公益財団法人宮ヶ瀬ダム周辺振興財団

http://www.miyagase.or.jp/


 
愛川ソーラーパーク“さんてらすTOBISHIMA”

宮ヶ瀬からの帰り道に愛川ソーラーパーク“さんてらすTOBISHIMA” に寄ってみました。

 
ソーラーパネル(1)ソーラーパネル(2)

ベンチから、ソーラーパネルを見ることができます。(左の写真)

お弁当も食べられます。(右の写真)

 
クルパネくん

自動追尾型のパネルもありました。「クルパネくん」と言うそうです。

 
パネル

園内には発電状況が目で確認できるパネルもあります。

このソーラーパーク、パネルの間には遊歩道が整備されており、パネルを見ながら散歩することができます。この日も、地元の方が散歩されていました。バスの駐車場やトイレ、電気自動車の急速充電器も完備しており、かながわの次世代エネルギーについて学ぶことができる新しい観光スポットになりそうです。

宮ヶ瀬方面にお越しの際は、ぜひお立ち寄りください。(月曜定休) <ペンネーム:かえるの王子さま>

 

あいかわ・つくい次世代エネルギーパーク

http://www.pref.kanagawa.jp/cnt/f8019/p537676.html

愛川太陽光発電所

http://www.pref.kanagawa.jp/cnt/f8019/p648170.html

 
 

 このブログに記載される個別 の店舗情報や銘柄情報は、特定の商品を推奨したり品質保証をするものではありません。


過去のブログ記事


このページの先頭へもどる

Windows Media Playerのダウンロードページへ

動画形式のファイルをご覧いただく場合には、Microsoft Windows MediaPlayerが必要です。Microsoft Windows MediaPlayerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。