林業普及事業

掲載日:2019年5月21日

事業内容

森林は、木材生産などの林業活動を通じて守り育てられてきました。そこには、山を守りながら働き続ける人の力がありました。これからも森林を健康な状態に保つには、山で働く「人」の力を欠かすことができません。

「林業普及事業」が対象とするのは、そのような「人」です。新しい研究の結果や神奈川県以外での新しい動きなどを、山で働く人々に伝えることを通じて、山を守り森林を育てる力をバックアップします。

また、最近ではボランティアで森林活動を行う人が増えています。都会に住む人は森林や林業に関心が高く、活動の場を求めています。また、小中学生が地域のことを学ぶ中で、森林や山仕事について学習する機会が増えています。林業普及事業では、森林・林業に関心を持つ全ての人を対象とします。

林業普及事業例

小学生が県津久井合同庁舎で森林について勉強

治山事業写真

中学生が炭焼き体験

治山事業写真

本文ここで終了