旅たび相模スタッフブログ “幻”の津久井在来大豆を使った料理フェアが海老名で開催中です!

掲載日:2018年3月15日

旅たび相模-丹沢・相模 観光ナビ-

トップページ | エリア検索 | カテゴリ検索


“幻”の津久井在来大豆を使った料理フェアが海老名で開催中です! (2013年3月4日掲載)

大豆の花

みなさん、このかわいらしい紫の花は、何の花だか分かりますか?

この花は…

 
枝豆大豆

正解は、大豆の花です!

そしてこの大豆は『津久井在来大豆』という、かながわブランドに認定された大豆なんです。

津久井在来大豆は、相模原市の相模湖周辺で栽培されてきた、次のような特徴のある昔ながらの甘くてコクのある“幻の地大豆”で、平成22年には、県の特定農林水産物や加工品をPRするための「かながわブランド」に認定されています。

 
えびな産津久井在来大豆

現在、この「津久井在来大豆」について、生産の拡大と活用の取組みが県内各地で徐々に進んでいます。

そして、海老名市内では、平成25年2月~3月の期間限定で、津久井在来大豆(えびな産・新大豆)を使った「大豆料理フェア」が開催されています! 

 
えびな豆腐塩らーめん(1)えびな豆腐塩らーめん(2)

そこで、さっそく大豆料理を食べに行ってきました。

まずは、海老名市役所地下の『レストランさつき』の「えびな豆腐塩らーめん」。おいしいあんかけスープの中に大ぶりの豆腐と海老が入っています。しかも、これでワンコイン!おすすめです。

 
寄せ豆腐(1)寄せ豆腐(2)

続いて、市内の多くの店舗で提供されている「寄せ豆腐」から、2店舗をご紹介しましょう。

(左)が、『味工房 居酒屋○(まる)』、(右)が、喰の道場にある『まぐろや 雄司』。どちらも大豆の美味しさがとても生きています。

 

 
国分寺そば豆乳豆腐

こちらは、『国分寺そば』の「豆乳豆腐」。

豆乳の中に寄せ豆腐が入っており、コンロで温めて食べます。温めると、さらに大豆の甘みが際立って感じられます。

 

 
豆乳シフォン豆乳きなこシフォン

最後にスイーツもご紹介します。

(左)が『ミュールハイム』の「豆乳シフォン」。(右)が『しふおん-K』の「豆乳きなこシフォン」。どちらも、とっても“ふわふわ”&“ほどよい甘さ”で、一度食べたらまた食べたくなること間違いなしです。

さて、皆さんは、どの津久井在来大豆を使った大豆料理を食べてみたいですか?平成25年3月末までの期間限定&木・金・土の曜日限定です。是非お早めにお出かけください!!

私も、また食べに行きます!! <ペンネーム:もじゃロコ星人>

 

海老名商工会議所 平成24年度農商工連携事業「津久井在来大豆」

http://www.ecci.or.jp/htdocs/?action=common_download_main&upload;_id=601

海老名市 プレスリリース(2月1日:幻の大豆を使ったメニューが市役所、市内店舗に登場)

http://www.city.ebina.kanagawa.jp/www/contents/1359935499459/index.html


県央地域県政総合センター「津久井在来大豆」を食べよう!

http://www.pref.kanagawa.jp/cnt/f550/p413805.html


 このブログに記載される個別 の店舗情報や銘柄情報は、特定の商品を推奨したり品質保証をするものではありません。


過去のブログ記事


このページの先頭へもどる

本文ここまで
県の重点施策
  • ヘルスケア・ニューフロンティア
  • 未病の改善
  • さがみロボット産業特区
  • 県西地域活性化プロジェクト
  • かながわスマートエネルギー計画
  • 東京2020オリンピック・パラリンピック競技大会
  • ラグビーワールドカップ2019
  • マグカル
  • ともに生きる