旅たび相模スタッフブログ 「いちょう」から巡った愛川町観光スポット

掲載日:2018年3月15日

旅たび相模-丹沢・相模 観光ナビ-

トップページ | エリア検索 | カテゴリ検索

「いちょう」から巡った愛川町観光スポット(2013年1月1日掲載)

内陸工業団地のいちょう(1)内陸工業団地のいちょう(2)

冬ですが、少し秋へさかのぼり11月の半ば、「いちょう」の紅葉が始まった頃、愛川町にある内陸工業団地の「いちょう」の紅葉、レインボープラザ(愛川繊維会館)、あいかわ公園、塩川の滝を巡りました。

内陸工業団地の「いちょう」は、この日はまだ緑色のものもあり、徐々に黄色く色づいてきているところでした。

道路の左右には、紅葉し始めた「いちょう」並木があり、車で通ると秋の気配を感じました。 

 
藍染の見本織機

愛川町の半原と言えば、「糸と織物の町」ということで、レインボープラザ(愛川繊維会館)に行き、藍染体験と手織り体験の場所を見学しました。

完成された藍染の展示作品を見ていくと丸だけでなくや四角い模様などもあり、想像よりも色々な模様があるのだなと思いました。

手織り体験では、30分から1時間程でコースターを織ることができます。他にも草木染め体験、紙鋤き体験、組みひも体験が楽しめますので、自分好みのオリジナル作品づくりに挑戦してみてください。

 
あいちゃんと愛ちゃん号宮ヶ瀬ダム観光放流

続いてあいかわ公園のダムの観光放流へ向かいました。

なんと、愛川町の観光キャラクター「あいちゃん」に出会うことができました。

「あいちゃん」とロードトレイン「愛ちゃん号」の2ショットです。(左の写真)

ダムの観光放流に訪れた人々に大人気な「あいちゃん」でした。

いよいよダムの観光放流が始まり、毎秒30m3、高低差100mの水が放流されました。夢中でシャッターを押していると、放流された水に虹がかかって見えることを他のお客さんに教えてもらい、虹が写ったベストショットを撮影することができました。

(※宮ヶ瀬ダム観光放流:1~3月、12月は中止、ただし、2月第2日曜日は宮ヶ瀬湖畔園地でのイベント開催(冬の陣)に伴い実施。平成25年の実施日をご確認ください。

 

 

塩川の滝(1)塩川の滝(2)

最後は、「塩川の滝」です。滝幅4m落差30mの滝です。

看板には、八菅修験の第5番の行所という説明書きが書いてありました。

滝の近くでは少し涼しく感じ、滝の上の方には日差しが当たっていて、神聖な空気が漂っていました。マイナスイオンをいっぱい浴びてリフレッシュできました。 <ペンネーム:ミント>

(塩川の滝:小田急本厚木駅から神奈川中央交通バス北口乗り場(1)より、田代系経由半原行きバスで「馬渡」下車、徒歩15分) 

 

あいかわ景勝10選〔愛川町観光協会〕

http://www.aikawa-kankoukyoukai.jp/keisyou.html

宮ヶ瀬ダム観光放流:1~3月、12月は中止、ただし、2月第2日曜日は宮ヶ瀬湖畔園地でのイベント開催(冬の陣)に伴い実施。平成25年の実施日は以下のページでご確認ください。〔相模原水系広域ダム管理事務所〕

http://www.ktr.mlit.go.jp/sagami/sagami00118.html

愛川町観光協会

http://www.aikawa-kankoukyoukai.jp/index.html


 このブログに記載される個別 の店舗情報や銘柄情報は、特定の商品を推奨したり品質保証をするものではありません。


過去のブログ記事


このページの先頭へもどる