ツバメを見守ってください

掲載日:2018年3月14日

お願い

ツバメの繁殖期は4~7月であり、鳴き声がうるさい、糞が大量に落ちるなど、生活上、被害を被る可能性があるかと思います。 

ツバメは、かつては県内に広く分布していましたが、現在では生息地あるいは生息個体数が著しく減少している減少種として区分されています。

(神奈川県レッドデータブック参照)

そこで、ツバメの成長を、多少の期間温かく見守っていただけないでしょうか。抱卵期間は13~14日であり、ヒナは17~22日で巣立つため、長くとも期間はおおよそ一ヶ月程です。

  なお、鳥獣の保護及び狩猟の適正化に関する法律により、ツバメ及びツバメの卵の捕獲や採取は禁止されており、例外的に県の許可を受ければその捕獲や採取を行うことが認められます。

また、巣立ち後であれば、許可なく巣を取り外すことは可能です。

ご不便をおかけすることもあるかと思いますが、県内の自然環境保全のため、ご協力をお願いします。


本文ここで終了