平成23年度県央地域帰宅困難者対策訓練

掲載日:2018年3月14日

平成23年度「県央地域帰宅困難者対策訓練」の実施結果について

2月2日に「県央地域帰宅困難者対策訓練」を次のとおり実施しましたので、その概要をお知らせします。

訓練にご参加いただいた県民の皆様、参加機関の皆様のご協力に感謝いたします。

1 実施日時

平成24年2月2日(木曜日) 午前10時00分から12時15分

2 訓練を行った場所

大和駅から大和市生涯学習センター周辺

3 参加・協力機関等

 主催  : 神奈川県、大和市
 市町村 : 相模原市、厚木市、海老名市、座間市、綾瀬市、愛川町、清川村
 警察  : 大和警察署
 事業者 : 相模鉄道株式会社、小田急電鉄株式会社、NTT東日本-神奈川、FMやまと
14機関 83人
 県民参加者(大和市、海老名市)  109人
 見学者 324人 計 516人

4 内容 ・・・訓練の主な様子へ

東海地震警戒宣言発令を想定し、駅構内での避難誘導、駅滞留者への情報提供、安否確認、帰宅困難者帰宅支援の訓練など、一連の帰宅困難者対策を管内8市町村、警察署、鉄道事業者、県民等の協力のもと実働訓練として実施しました。

※ この訓練は、東海地震警戒宣言が発令された場合に地震防災対策強化地域内の鉄道は、原則、運休となり、相模鉄道の場合は大和駅が折り返し駅となるため、大和駅を中心として実施したものです。

主な項目・内容

訓練時間

場所

 訓練開始報告

10:00

駅西側プロムナード

(1)駅構内対応訓練東海地震警戒宣言発令時の構内放送や西側プロムナードまでの誘導訓練を県民等の協力を得て、鉄道事業者、大和市、警察が実施しました。

10:00から

駅構内

駅西側プロムナード

(2)情報連絡本部設置・運営訓練折り返し駅に情報連絡本部を設置し、情報の共有・提供、連絡調整の訓練を鉄道事業者、県、大和市、警察などの関係機関が実施しました。また、参加者に対しNTT災害用伝言ダイヤルの実習を行いました。

10:10から

駅西側プロムナード

(3)一時滞在施設等誘導訓練帰宅困難者を駅から一時滞在施設(生涯学習センター)へ誘導する訓練を県民等の協力を得て、大和市、警察が実施しました。

10:50から

駅西側プロムナード

生涯学習センター

(4)一時滞在施設開設・運営訓練一時滞在施設(生涯学習センター)の開設・運営訓練を大和市など関係機関が実施しました。

11:20から

生涯学習センター

(5)帰宅困難者帰宅等訓練一時滞在施設(生涯学習センター)周辺において帰宅者が帰宅支援ステーション(コンビニ、ガソリンスタンド)で情報提供を受けたり、市町村による案内・誘導などの訓練を県民等の協力を得て実施しました。

11:45から

生涯学習センター
及び周辺

 講評

12:10から

生涯学習センター

 訓練終了報告

12:15

生涯学習センター

県央地域帰宅困難者対策訓練の主な様子

開催日時・会場

日時 平成24年2月2日(木曜日) 10:00から12:15

場所 大和駅から大和市生涯学習センター周辺

 

訓練の様子

 開会

 主催者を代表し、大木大和市長から、訓練参加者に対する激励や防災意識向上等についてのあいさつがありました。

写真:開会 大木大和市長あいさつ

 

(1)駅構内対応訓練

 東海地震警戒宣言発令を受け、大和駅構内(相鉄、小田急)から駅西側プロムナードへの乗客の避難・誘導の様子です。

写真:駅構内対応訓練

 

(2)情報連絡本部設置・運営訓練

 折り返し駅となる大和駅に情報連絡本部を設置し、鉄道事業者、県、大和市、警察など関係機関が連携し情報共有・提供、連絡調整等を実施している様子です。

写真:情報連絡本部設置・運営訓練

 

(3)一時滞在施設等誘導訓練

 帰宅困難者(駅滞留者)を大和駅から一時滞在施設となる大和市生涯学習センターに誘導している様子です。

写真:一時滞在施設等誘導訓練

 

(4)一時滞在施設開設・運営訓練

 一時滞在施設における帰宅困難者(駅滞留者)の受入れの様子です。

写真:一時滞在施設開設・運営訓練

 

(5)帰宅困難者帰宅等訓練

 帰宅困難者が一時滞在施設から、情報連絡本部が配布したマップを参考に帰宅し、その途中で帰宅支援ステーションで情報提供を受けるため、コンビニに寄っている様子です。

写真:帰宅困難者帰宅等訓練

 閉会

 訓練終了後、主催者を代表し、二見神奈川県県央地域県政総合センター所長から、帰宅困難者対策については、広域的な対応が重要であるなどの講評がありました。

写真:閉会 二見神奈川県県央地域県政総合センター所長講評


県央地域帰宅困難者対策訓練の概要

開催日時・会場

日時 平成24年2月2日(木曜日) 10時00分から12時00分

会場 大和駅から大和市生涯学習センター周辺

<PR用ポスターイメージ>

平成23年度帰宅困難者対策訓練PR用ポスター

《 ご案内 》

この訓練は、神奈川県と大和市の主催により、県央地域の市町村、警察、鉄道事業者、県民の皆様のご協力をいただき実施する広域的な帰宅困難者対策訓練です。

昨年の3月11日に発生した東日本大震災では、神奈川県においても多くの帰宅困難者が発生し、大きな混乱が生じました。

そこで、駅混乱防止対策の一環として、関係機関の危機管理体制の検証、連携強化などに併せて、県民の皆様の防災意識向上を目的として、この訓練を実施いたします。

皆様には、災害時等における県・市町村など関係機関の活動をご覧いただき、日ごろの備えの参考にしていただければ幸いです。

訓練概要

東海地震警戒宣言発令を想定し、駅構内での避難誘導、駅滞留者への情報提供、安否確認、帰宅困難者帰宅支援の訓練など、一連の帰宅困難者対策を管内8市町村、警察署、鉄道事業者、県民等の協力のもと実働訓練として実施します。

主な項目・内容

訓練

時間

場所

訓練開始報告

10:00

駅西側プロムナード

1 駅構内対応訓練

東海地震警戒宣言発令時の構内放送や西側プロムナードまでの誘導訓練を県民等の協力を得て、鉄道事業者、大和市、警察が実施します。

10:00から

駅構内

駅西側プロムナード

2 情報連絡本部設置・運営訓練

折り返し駅に情報連絡本部を設置し、情報の共有・提供、連絡調整の訓練を鉄道事業者、県、大和市、警察などの関係機関が実施します。また、参加者に対しNTT災害用伝言ダイヤルの実習を行います。

10:10から

駅西側プロムナード

3 一時滞在施設等誘導訓練

帰宅困難者を駅から一時滞在施設(生涯学習センター)へ誘導する訓練を県民等の協力を得て、大和市、警察が実施します。

10:50から

駅西側プロムナード

生涯学習センター

4 一時滞在施設開設・運営訓練

一時滞在施設(生涯学習センター)の開設・運営訓練を大和市など関係機関が実施します。

11:10から

生涯学習センター

5 帰宅困難者帰宅等訓練

一時滞在施設(生涯学習センター)周辺において帰宅者が帰宅支援ステーション(コンビニ、ガソリンスタンド)で情報提供を受けたり、市町村による案内・誘導などの訓練を県民等の協力を得て実施します。

11:30から

生涯学習センター

及び周辺

講評

11:50から

生涯学習センター

訓練終了報告

12:00

生涯学習センター

注: 訓練時間は、天候や訓練進行状況により変更することがあります。

: 訓練に参加していただく県民の方は、予め大和市等において募集し、ご協力をいただく方です。

一般見学者の方は見学のみとなりますが、訓練プログラム、訓練で使用する帰宅用マップ等を配布し、生涯学習センターにおいて地震防災対策について説明を行います。

参加・協力機関

主催    神奈川県、大和市

市町村 相模原市、厚木市、海老名市、座間市、綾瀬市、愛川町、清川村

警察  大和警察署

事業者 相模鉄道株式会社、小田急電鉄株式会社、NTT東日本-神奈川、FMやまと

訓練内容に関する補足説明

東海地震警戒宣言

国では、東海地震に関する事前として地震の様々な現象を観測しています。観測データに変化が認められた時は「東海地震に関連する調査情報」や「東海地震注意情報」、「東海地震予知情報」が発表され、いよいよ地震が発生しそうだと判断された場合に警戒宣言が発令されます。

地震防災対策強化地域

警戒宣言が発令されると大規模地震対策特別措置法第3条に基づき指定された地震防災対策強化地域内では、原則、鉄道は運休となります。相模鉄道の場合、大和駅が折り返し駅となります。
大和駅以外では、相武台前駅、藤沢駅が折り返し駅となります。


《神奈川県における地震防災対策強化地域(斜体は県央地域)》

平塚市、小田原市、茅ヶ崎市、秦野市、厚木市、伊勢原市、海老名市、南足柄市、寒川町、大磯町、二宮町、中井町、大井町、松田町、山北町、開成町、箱根町、真鶴町、湯河原町

 会場案内図

会場  大和駅(西側プロムナード、駅構内)から大和市生涯学習センター周辺

※ 会場周辺に駐車場がありませんので、公共交通機関をご利用ください。

トイレは、大和市シルバー人材センターのトイレをご利用ください。(駅構内のトイレは使用できません。)

会場案内図

添付ファイル

更新情報

  • H24.2.3 訓練実施の結果を掲載しました。
  • H24.1.23 訓練プログラムを最終版に更新しました。

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。