株式会社移動ロボット研究所

掲載日:2018年3月30日

会社概要

所在地 神奈川県鎌倉市台2丁目15番41号
代表者 代表取締役 小栁栄次
資本金 600万円
売上高 8,524万円(2017年6月期)
従業員 5名
設立時期 平成19年9月
連絡先

総務部

業種

各種ロボットの試作、販売

製品紹介など

【製品一覧】

製 品 名 写 真 概 要
災害対応ロボット
Albatross
(クローラ型移動ロボット)
災害対応ロボット 詳細は、PDFファイルのとおり(PDF:122KB)
火山活動対応地上走行車 火山活動対応地上走行車 詳細は、PDFファイルのとおり(PDF:125KB)
橋梁点検ロボット
Bulbul
(ドローン、永久磁石車輪による鋼橋床板点検)
橋梁点検ロボット 詳細は、PDFファイルのとおり(PDF:198KB)
自律移動ロボット
ビーゴ
(ロボット用OS、環境認識機能など基礎研究用)
自律移動ロボット

詳細は、PDFファイルのとおり(PDF:63KB)

【特許技術・登録商標・意匠登録】

名称及び概要 番 号  登録年月日

クローラ走行装置
 山岳地帯の不整地を走行するためのクローラ移動機構。斜面の直登坂時の重心移動機構と、斜面をトラバース走行するときの左右クローラの階段状配列など、クローラと筐体の位置・姿勢・重心位置を最適制御することにより、走行する。

特許第4759323号

平成18年12月21日
(2006年12月21日)

検査用台車
 断熱材により保温されたプラント配管は断熱材に含まれる水分により配管の外面が腐食される。断熱材に含まれる水分は、中性子水分計により計測し、水分含有量と配管の外面腐食の関係から配管の減肉量を推定する。
 本システムは、中性子水分計を配管上に移動させる検査台車である。
特許第5327609号 平成22年9月16日
(2010年9月16日)
配管検査ロボット及び配管の検査方法
 上記の検査台車は自律移動機能がないこと、配管下部の検査に時間を要することから、独立操舵機構を持つ4輪駆動方式さらに、鞍型回転フレームを考案し全周囲の水分計測を可能とした。また、配管からの転落に対処した、転落防止装置と緊急停止ブレーキを装備した。
特許第6166280号 平成26年6月26日
(2014年6月26日)

企業からのメッセージ

株式会社移動ロボット研究所 小栁栄次氏
 昨今、後継者不足による「黒字廃業」が増加していると聞く。移動ロボット代表取締役
ロボットの導入により、作業員一人ひとりの負荷を低減すること
により、魅力のある会社として継続を支援する一助となれば幸いで
ある。

【ロボット関連技術に関する強み】
 弊社は、ロボットシステムの設計、加工、組立て、電送品の実装、ソフトウェア開発、検査、出荷まですべてを自社内で一貫して行うことができます。近年ロボットにはAI,IOTといった先端情報工学の実装が不可欠ですが、それらのシステムインテグレーション技術が欠如していることによるトラブルも多発しています。それらは多くの場合、各分野の境界領域で発生しており、社内で一貫生産し問題点を共有できる意思疎通が不可欠です。

【得意分野・特徴(PR)】
 ・災害現場や人の立ち入りが困難な環境、あるいは著しく制限される現場などで活動するロボットシステムの開発
 ・運用先企業の技術に、弊社の技術をプラスした高効率で利便性の高い技術開発。

【今後の予定】
 少子高齢化に伴う労働力人口の減少、3Kに代表される労働環境や労働者の超高齢化など、作業現場の効率化、負担の低減などニーズが多様化している。このため、ロボットの導入による改善が行われつつあり、事業も拡大しつつある。

【取引を希望する企業】
 特に分野は指定しない。

 

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

本文ここまで
県の重点施策
  • 未病の改善
  • ヘルスケア・ニューフロンティア
  • さがみロボット産業特区
  • 県西地域活性化プロジェクト
  • かながわスマートエネルギー計画
  • 東京2020オリンピック・パラリンピック競技大会
  • ラグビーワールドカップ2019
  • 神奈川県発、アート・カルチャーメディア「マグカル」
  • ともに生きる社会かながわ憲章
  • SDGs未来都市 神奈川県 SDGs FutureCity Kanagawa