株式会社イノフィス

掲載日:2020年7月2日

会社概要

所在地 東京都新宿区神楽坂4-2-2東京理科大学森戸記念館3階
代表者 代表取締役社長CEO 古川尚史
資本金 4,941万円
売上高
従業員 35名
設立時期 平成25年12月
連絡先

営業部 朝緑高太

業種

製造業

製品紹介など

【製品一覧】

製 品 名 写 真 概 要
マッスルスーツEvery musclesuit

マッスルスーツEvery(エブリィ)は、空気の力を利用したパワードスーツです。
重量物の持ち上げや中腰姿勢の作業など、腰に負担のかかる作業でご活用いただけます。
本モデルは2019年11月に発売された最新機種で、最大補助力25.5kgfの機能はそのままで、軽量化と低価格化を実現しています。

【特許技術・登録商標・意匠登録】

名称及び概要 番 号  登録年月日

商標 マッスルスーツ

登録商標第4642254号

平成13年12月28日
(2001年12月28日)

商標 マッスルスーツ

登録商標第5876100号 平成27年7月28日
(2015年7月28日)

企業からのメッセージイノフィスロゴ

「すべての人が、生きている限り自立した生活を送る世界を実現したい」イノフィス
――その思いではじまったのがイノフィスです。
イノフィスは技術先行ではなく、問題解決を目的とし、問題を抱えたユーザーの困りごと解消を果たす開発を行う大学発ベンチャーです。一般に、大学発ベンチャーというと、技術シーズありきだと捉えられることが多い中、ユニークな企業かもしれません。
我々が特に注力しているのは、困っている人をロボットの力で支えることです。
大変な重労働、大きなケガや病気の後のリハビリテーション、十分な整備の進まないバリアフリー、今は、あきらめざるを得ないことを、我々イノフィスはロボットの力で解決をしていきたいと真剣に思い、行動をしています。

【ロボット関連技術に関する強み】
現在も、当社創業者の東京理科大学工学部の小林宏教授が関わり、製品開発を進めています。
人工筋肉をパワードスーツに組み込み、適切なアシスト力を制御するノウハウを持っています。

【得意分野・特徴(PR)】
マッスルスーツは、介護施設や農作業、工場倉庫、建設、物流など幅広い分野で活用いただいています。
累計販売台数:10,000台(2020年3月時点)
作業現場での効果的な活用方法など、適切にお応えできるノウハウを蓄積しております。

【今後の予定】
各企業様の改善要望に適切な対応ができるよう、導入後のフォローや現場のニーズのヒアリングを実施する予定です。

【取引を希望する企業】
ニーズに対応するため、必要となる技術、素材、製品などを保有する企業。

 

本文ここまで
県の重点施策
  • 未病の改善
  • ヘルスケア・ニューフロンティア
  • さがみロボット産業特区
  • 県西地域活性化プロジェクト
  • かながわスマートエネルギー計画
  • 東京2020オリンピック・パラリンピック競技大会
  • 神奈川県発、アート・カルチャーメディア「マグカル」
  • ともに生きる社会かながわ憲章
  • SDGs未来都市 神奈川県 SDGs FutureCity Kanagawa