令和元年度中高年ホームファーマー体験研修(第7回 実習⑤)(第8回 講義③)

掲載日:2019年9月10日

第7回研修報告 (8月22日開催)
場所:体験研修農園 欠席1名
<実習⑤の内容>
キャベツ、ブロッコリーの定植
レタス、ハクサイの播種(連結ポットへのタネまき)


体験研修生が自宅で育てたキャベツとブロッコリーの苗
j5-1

 

施肥等の定植準備

j5-2

 

キャベツ・ブロッコリー苗共に株間50cm、畝間80cm間隔で配置

j5-3

 

体験生全員で定植をしているところ

j5-4

 

レタス・ハクサイ播種、今回が2回目で、手馴れた作業をする体験生の様子

j5-5

 

播種後の養生(乾燥防止に古新聞を使用)

タネまき後に乾燥防止に古新聞使用

 

播種後の育苗は前回と同じく、体験研修生全員の自宅にて管理していただくことにしました。

 

 

第8回研修報告 (9月5日開催)
場所:厚木合同庁舎 1号館3階会議室 欠席2名
<講義③の内容>

育苗・移植・定植について

 日よけと水の管理が重要。

 

秋冬野菜の肥培管理について

 葉もの、根菜に対して、詳しく説明がありました。

 

<研修風景>

k3-1

 

k3-2

 

次回9/19は実習最後となり、研修生が育苗しているレタスとハクサイの定植とホウレンソウとダイコンの播種(直播き)をする予定です。

『地域農畜産業振興の取組』トップに戻る

本文ここまで
県の重点施策
  • 未病の改善
  • ヘルスケア・ニューフロンティア
  • さがみロボット産業特区
  • 県西地域活性化プロジェクト
  • かながわスマートエネルギー計画
  • 東京2020オリンピック・パラリンピック競技大会
  • ラグビーワールドカップ2019
  • 神奈川県発、アート・カルチャーメディア「マグカル」
  • ともに生きる社会かながわ憲章
  • SDGs未来都市 神奈川県 SDGs FutureCity Kanagawa