「かながわボランタリー活動推進基金21」平成30年度実施事業決定

掲載日:2018年3月30日
2018年03月30日
記者発表資料

県は、複雑化・多様化する社会的課題を克服し、多様な県民ニーズに対応するため、「かながわボランタリー活動推進基金21」を活用し、地域や社会の課題解決に主体的に取り組むボランタリー団体等の活動を支援しています。
この基金による支援を受け、ボランタリー団体が平成30年度に実施する事業を次のとおり決定しましたので、お知らせします。

1 協働事業負担金

地域や社会の課題解決に向け、ボランタリー団体等と県とが対等な立場で、それぞれの強みを活かしながらパートナーシップを組んで進める事業です。

【一般部門】

28件の応募の中から、次の新規事業2件と、29年度からの継続事業4件の計6事業を決定しました。

No.  事 業 名  団 体 名  県協働部署
1

外国につながる子ども・若者と家族の

包括的支援

特定非営利活動法人

ABCジャパン

子ども教育支援課

高校教育課

2 横浜こどもホスピス設立運営事業

NPO法人

横浜こどもホスピスプロジェクト

がん・疾病対策課

県立病院課

 

【課題部門】

29年度からの継続事業3件の事業を決定しました。

 

【特定課題枠】

15件の応募の中から、次の新規事業4件と、29年度からの継続事業3件の計7事業を決定しました。

No.

 事 業 名  団 体 名  県協働部署
1 造血幹細胞移植総合支援プロジェクト事業

特定非営利活動法人

キャンサーネットジャパン

がん・疾病対策課
2

 

骨髄ドナー登録推進事業

 

神奈川骨髄移植を考える会 がん・疾病対策課
3 アクティブエイジ応援プロジェクト

特定非営利活動法人

横浜移動サービス協議会

総合政策課

高齢福祉課

特別支援教育課

4 湘南ワンハンドレッドプロジェクト

特定非営利活動法人

湘南スタイル

総合政策課

湘南地域県政総合センター

※各事業の詳細については、別紙1(PDF:329KB)をご参照ください。

 

2 ボランタリー活動補助金

ボランタリー団体等が地域や社会のニーズをとらえて自発的に取り組む事業です。

23件の応募の中から、次の新規事業5件と、29年度からの継続事業4件の計9事業を決定しました。

No.  事 業 名 団 体 名
1 ノヴィーニェ 「こども食堂&こども寺子屋」

NPO法人

アフリカヘリテイジコミティー

2 「居場所」と相談活動拠点開設をめざす他地域NPOの設立サポート

特定非営利活動法人

在日外国人教育生活相談センター・信愛塾

3 人材育成 子育てと仕事両立体験研修事業「家族シミュレーション」

特定非営利活動法人

びーのびーの

4

がん体験者によるがん患者のためのピアサポート活動の普及

 

ピアサポートよこはま

 

5 子供も学べるアレルギーワークショップ

NPO法人

エーエルサインラボ

 ※各事業の詳細については、別紙2(PDF:273KB)をご参照ください。

 

3 ボランタリー団体成長支援事業(委託事業)

ボランタリー団体が自立的かつ安定的に活動できるよう、県が中間支援組織等にその支援を委託して実施する事業です。

4件の応募の中から、1事業を決定しました。

No. 事 業 名 団 体 名
1 プロボノ・プラットフォーム構築事業

特定非営利活動法人

サービスグラント

 

問合せ先

かながわ県民活動サポートセンター

副所長 西條
電話 045-312-1121(内線2801)

基金事業課長 岡
電話 045-312-1121(内線2830)

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。