発達障がい児地域支援コーディネーター養成講座(基礎編)

掲載日:2018年6月15日

【講座実施団体:NPO法人びな・パートナーシップ・ひろば
 発達障がい児や不登校児への社会の関心や理解が深まりつつある昨今においても、困難を抱えた子ども達の支援が十分とはいえない現状です。子ども達の住みよい社会の構築を考えると、地域社会の人たちが関心を持ち、地域で支援ができる人材と体制づくりが重要です。発達障がい児を支援する方で、子ども達のニーズに対応する力を身につけたい方のための講座です。

※本講座の受講の申し込みの受け付けは終了しました。


 

講座実施期間

平成30年6月28日(木曜)、7月4日(水曜)、12日(木曜)、19日(木曜) 全4回

 1

 6月28日(木曜)

 9時30分
 から12時30分

オリエンテーション/自己紹介
「私たちが理解している困難を抱えた子どもたちの状況」
-それぞれの立場で見つめている発達障がい児・不登校児の状況-
ワークショップ

NPO法人びな・パートナーシップ・ひろば 理事長 阿部 美和子

 2

 7月4日(水曜)

 9時30分
 から12時30分

「発達障がいを理解する」
-困難を抱えた家族への支援-
社会福祉法人 宝安寺社会事業部
こども発達クリニック ほうあんなぎさ 院長
児童精神科医 大屋 彰利

 3

 7月12日(木曜)

 9時30分
 から12時30分

「若者の社会参加支援を考える」
-困難さを生きがいに変えた取り組み-
当事者親:横江 三十鈴
支援者:藤林 春夫
ファシリテーター:NPO法人びな・パートナーシップ・ひろば 理事長 阿部 美和子

 4

 7月19日(木曜)

 9時30分
 から12時30分

「発達障がいを持つ子どもへの支援」
-困難性の現状と支援のあり方-
「今後の活動」まとめ
臨床心理士 吉田 亜紀
NPO法人びな・パートナーシップ・ひろば 理事長 阿部 美和子

※カリキュラム・講師は都合により変更になる場合があります。

受講対象者

  • 県内に在住、在勤、在学の方
  • 県内でボランティアやNPO等として活動をしている方及び団体
  • 県内でボランティアやNPO等として活動を予定している方及び団体

受講申込期限

 平成30年6月14日(木曜)

受講定員

 40人

受講場所

かながわコミュニティカレッジ講義室 

横浜市神奈川区鶴屋町2-24-2 かながわ県民センター11階

かながわ県民センターの地図

JR、京浜急行線、みなとみらい線、東急線、相鉄線ご利用の方

  • 横浜駅西口より徒歩5分
  • 横浜駅きた西口より徒歩3分

横浜市営地下鉄ご利用の方

  • 地下鉄横浜駅出口8番から地下街を通り、中央モールを左折し、北6番出口を出て徒歩2分

受講料

6,000円

受講料の納付

 受講が決定した方には、受講料の納付書をお送りしますので、指定する期日までに最寄の金融機関で納付していただきます(ゆうちょ銀行での納付はできません)。
 なお、一度お納めいただいた受講料は、不慮の事故等やむを得ない場合を除き、お返しできませんのでご了承ください。 


休講等

 講師の都合や交通機関の遅延・運休、自然災害等により当日の講義が実施不可能となった場合は休講とし、別の日に補講を実施します。

修了証

 講義開催コマ数の3分の2以上出席された方には、修了証を交付します(資格を付与するものではありません)。
ただし、 団体として受講された場合は、原則交付の対象となりません。

本文ここまで
県の重点施策
  • ヘルスケア・ニューフロンティア
  • 未病の改善
  • さがみロボット産業特区
  • 県西地域活性化プロジェクト
  • かながわスマートエネルギー計画
  • 東京2020オリンピック・パラリンピック競技大会
  • ラグビーワールドカップ2019
  • マグカル
  • ともに生きる