基金21 対象事業・団体の紹介

掲載日:2019年6月10日

令和元年度対象事業

協働事業負担金

(事業名クリックで詳細情報を表示)(過去の対象事業

※団体名に下線がある場合クリックすると、団体のHPにつながります。

(単位:千円) 

No.

事業名

団体名

県協働担当部署

負担金
(事業費)

1

神奈川県の児童養護施設における子どもの自立支援事業

特定非営利活動法人
JAMネットワーク

子ども家庭課

2,000
(2,811)

2

性的マイノリティの子どもに理解のある支援者育成事業

特定非営利活動法人
ReBit

人権男女共同参画課、青少年課、がん・疾病対策課、雇用労政課

2,527
(2,544)

3

地域における障害者の文化芸術体験活動支援事業

 

特定非営利活動法人

STスポット横浜

 

障害福祉課、文化課

4,842

(5,017)

4

外国につながる子ども・若者と家族の包括的支援

特定非営利活動法人

ABCジャパン

子ども教育支援課、高校教育課

5,700
(8,848)

5

横浜こどもホスピス設立運営事業

特定非営利活動法人

横浜こどもホスピスプロジェクト

がん・疾病対策課、県立病院課

5,000
(9,123)

6 フリースクール等学校外の学びの場の必要性の周知を目的とした県域ネットワーク構築事業

 

特定非営利活動法人

鎌倉あそび基地

 

子ども教育支援課

5,440

(7,762)

7 隙間時間活用による高齢者職場還流プログラム推進事業

 

特定非営利活動法人

YUVEC

 

未来創生課、中小企業支援課

3,481

(5,196)

8

精神疾患や発達障がいの狭間にいる若者の就学・就労を目指した自立支援

特定非営利活動法人
横浜メンタルサービスネットワーク

青少年課、高校教育課

6,000
(7,550)

9

就職弱者の若者へのキャリア支援事業

NPO法人
多文化共生教育ネットワークかながわ

高校教育課

6,000
(6,358)

10

「食」と「地域」をつなぎ神奈川から貧困をなくすためのK-model構築事業

特定非営利活動法人
セカンドリーグ神奈川

生活援護課、子ども家庭課、子ども支援課、住宅計画課、資源循環推進課、消費生活課

5,112

(5,482)

11

空き家等の利活用による地域の魅力アップ事業

特定非営利活動法人
横浜プランナーズネットワーク

住宅計画課

8,000
(8,100)

12

生活困窮者の自立支援ネットワークの形成

かながわ生活困窮者自立支援ネットワーク

生活援護課

8,000
(8,033)

13

特別支援学校等における障害者の地域でのスポーツ参加促進モデル構築事業

特定非営利活動法人

高津総合型スポーツクラブSELF

スポーツ課、特別支援教育課

4,860
(5,451)

14

造血幹細胞移植総合支援プロジェクト事業

特定非営利活動法人

キャンサーネットジャパン

がん・疾病対策課

6,400
(8,400)

15 骨髄ドナー登録推進事業

神奈川骨髄移植を考える会

がん・疾病対策課

3,600
(4,150)

16

アクティブエイジ応援プロジェクト

特定非営利活動法人

横浜移動サービス協議会

未来創生課、高齢福祉課、特別支援教育課

7,450
(8,482)

17

湘南ワンハンドレッドプロジェクト

特定非営利活動法人

湘南スタイル

未来創生課、湘南地域県政総合センター

8,000
(8,288)

18 江の島セーリング魅力発見プロジェクト

 

特定非営利活動法人

湘南港マリンセンター

 

セーリング課

5,500

(5,600)

19 子ども支援活動地域サポート推進事業

 

特定非営利活動法人

神奈川子ども未来ファンド

 

子ども支援課、青少年課

6,484

(9,993)

ボランタリー活動補助金
(事業名クリックで詳細情報を表示)(過去の対象事業

(単位:千円)
No.

事業名

団体名

補助金
(事業費)

1 「地域を広報する」研修・ネットワーク事業

特定非営利活動法人
森ノオト

2,000

(4,450)

2

子どもがつくる地域メディア「じもたんkids」

じもたんkids

422
(844)

3

女性と防災のオリジナル寸劇とワークショップの普及

特定非営利活動法人
かながわ女性会議

300
(600)

4

ノヴィーニェ「こども食堂&こども寺子屋」

NPO法人

アフリカヘリテイジコミティー

 600

(1,200)

5

人材育成 子育てと仕事両立体験研修事業「家族シミュレーション」

特定非営利活動法人

びーのびーの

800

(1,685)

6 親子きつおん交流会事業

 

特定非営利活動法人

よこはま言友会

 

70

(165)

7 編み物で繋ぐ日本の高齢者の生きがい作りと途上国の衛生改善

 

特定非営利活動法人

地球市民ACTかながわ

 

1,500

(3,000)

ボランタリー活動奨励賞(H30年度受賞者)
過去の受賞団体・個人

(単位:千円) 
No.

活動概要

受賞者

副賞

1 持続可能な資源循環型社会「ゼロ・ウェイストのまち逗子」を構築し、豊かな自然環境を次世代へ引き継ぐため、7R「リデュース・リユース・リサイクル・リフューズ・リフォーム・リペア・レンタル」の促進を図っている。 逗子ゼロ・ウェイストの会

300

2 一人暮らしの高齢者が増加している中で、地域包括支援センターや民生委員と連携しながら、毎月50件近い高齢者宅を訪問し、在宅傾聴による高齢者を守る活動を行っている。

NPO法人

ビーイング久里浜

300

3 女性ならではのアイデアを盛り込んだ家庭防災を実践し、身近な物で作る防災グッズの作り方を広めるとともに、冊子「防災減災パワーズブック」を発行するなど、各地で防災啓発活動を行っている。 女性防災クラブ平塚パワーズ

300

4 40年にわたりハイキングをしながらゴミ拾いを行うハイキング・クリーン活動を行うとともに、山道整備を20年間実施するなど、環境整備活動を資金をかけずに継続的に行っている。

ハイキング・クリーン

300

5 乳幼児の子育て支援や学童保育、子ども食堂の運営、高齢者への見守り電話など、幅広い分野で、ボランティア会員の協力により、その時の社会に必要とされている活動を展開している。

 

特定非営利活動法人

地域福祉を考える会

 

300

 
本文ここまで
県の重点施策
  • 未病の改善
  • ヘルスケア・ニューフロンティア
  • さがみロボット産業特区
  • 県西地域活性化プロジェクト
  • かながわスマートエネルギー計画
  • 東京2020オリンピック・パラリンピック競技大会
  • 神奈川県発、アート・カルチャーメディア「マグカル」
  • ともに生きる社会かながわ憲章
  • SDGs未来都市 神奈川県 SDGs FutureCity Kanagawa